ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

解法自体には納得行ってます図のa=-2という...

■どこまで理解しているか


解法自体には納得行ってます

■どこが具体的にわからないか


図のa=-2というのはどういう役割を果たしているのかがわかりません…

Math_love156 さんの質問 勉強レベル2
2週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

a = -2 というのは、直線ℓ と放物線Cの交点のx座標が -1 になるときの値です。従って、 a < -2 のときには問題の条件の -2 < x < -1の範囲に一つの解を持ちますが、図から明らかなようにもう一つの解が正の数となって条件を満たしません。この解答の流れとして、まず、-2 < x < -1 に解をもつ条件として a < -2 , 14/3 < a を求め、そのうち 14/3 < a のほうだけがもう一つの解の条件に合うとして最終的な a の範囲を求めています。

あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは個人家庭教師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(4件)

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

問題集・参考書の情報

東京出版
  • この質問を見た人は以下の質問も見ています

  • あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する