見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

X成分、y成分についての運動量保存則を作っ...

■考えている内容や答え


X成分、y成分についての運動量保存則を作って二つの式を連立させることで、衝突後のP、Qの速さを求めた。
その速さの比を距離の比とした。

■特に不安な点や、確認したいこと


答えではX成分の運動量保存則を作らずに力学的エネルギー保存則を使っています。
運動量保存則だけでは出来ないのですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師
こんばんは! 問題では、各物体が衝突して...

こんばんは!


問題では、各物体が衝突してから静止するまでに動いた距離 l1, l2 の比を問われています。

力学的エネルギーと摩擦力による仕事の関係式を用いているのは、衝突前後の速度の関係を求めるためではなく、l1, l2 を求めるためです。

運動量保存を用いれば、衝突前後の運動を詳しくみることはできますが、l1, l2 を求めることはできません。


※例えば衝突前の P の速さが与えられていたとしたら、水平・垂直方向の運動量保存から v1, v2 を求めることは可能です。

  • 解けました!
    ありがとうございました!

    4か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

2EP-2 第4問(必答問題) 次の文章(A .B)を読み、下の問い(問1~4)に答えよ。 [解答番号 (配点 20) 4 A 水平でなめらかな面S,と、水平で粗い面Sからなる床上における物体の運動 について考える。ただし、 面S,と面S,は、それらの境界でなめらかに接続され ているものとし、以下で考える物体の大きさは無視できるものとする。また。 動 体を面S」との間の動摩擦係数は、物体の種類によらず一定とする。 面S上で、質量mの物体Pに水平右向きの初速度を与えて、面S,と面S,の 境界上の1点で静止していた質量M の物体Qに瞬間的に衝突させたところ。 突直後、物体P,Qは、図1のように衝突前の物体Pの運動の向きに対し、R 計回りを正としてそれぞれ30°, -45°をなす向きに運動し始めた。 S Q 30 M m 45 (真上から見た図) 図 1 PO から受ける力積は、に等しい。 際に物体体Qが物体Pから愛ける力積は、ーアに等しい 衝突の また、物 衝突の際に物体Qが物体Pから受ける力積は、アーに等しい。 i S』 の ろ、衝 間2 この衝突の後、物体P. Qは、それぞれ衝突直後の...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります