ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

助動詞のだいたいの活用方法受身の(れ) や...

■どこまで理解しているか


助動詞のだいたいの活用方法

■どこが具体的にわからないか


受身の(れ) や、推量の(む)などの活用形がわかりません。
写真の(1)の答えは連用形なんですが、未然形と見分けがつきません。

satty さんの質問 勉強レベル8
5日前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました

こんばんは。

連用形って、「用言に連なる形」で連用形です。


中学国文法で学びましたよね。用言と言えば、動詞・形容詞・形容動詞です。

つまり、連用形というのは「後ろに用言がくるときに使う」というのが原則です

(例外あり、後ろに助動詞が来ることもあります)。


(1)では、「れ」の後ろに「奉り」という補助動詞が来ています。

補助動詞も動詞の仲間ですので用言の仲間。

つまり、「れ」は未然形ではなく連用形であるとわかります。



あなたがベストアンサーに選んだ
山崎 陽子
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています