ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

地学基礎 降水量の質問です。問四の計算の...

■どこまで理解しているか


365をかける前の計算

■どこが具体的にわからないか


どうして365を割るのでなくかけるのでしょうか。
地学基礎 降水量 計算です。
問四の質問

naruse さんの質問 勉強レベル4
1週間前

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

こんばんは!


365 をかける前の計算は、何年分の雨量に相当するかを求めているものですね。


数式が複雑なので、平易な例でお示ししますね。

例えば 0.1 年というのが何日に相当するのかを計算したいとします。

このとき、1 年 = 365 日 ですので、単位を分数のように扱う

0.1 年 * 365 日/年 = 36.5 日 となります。


「年」の方が「日」よりも大きな単位なので、少ない年数と多い日数が(長さとして)等しくなるはずです。

したがって、365 を掛け算する必要があります。

…という見方もできますね!

  • 365:X=全体の降水量:大気の水の量
    で求められますか??

    1週間前
  • 「全体の」というのが「1年分の」という意味なのだとしたら、それでOKです。

    1週間前

    林 俊介

    個別指導塾講師
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

個人家庭教師

1年あたりの降水量が111+385=496 ですので大気中の存在量13は 13/496 年分の降水量に相当します。

これを何日分に換算するために365を掛けています。

あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは個人家庭教師をしています

質問する

同じ問題集の質問(4件)

マーク式基礎問題集地学基礎 (河合塾シリーズ)

マーク式基礎問題集地学基礎 (河合塾シリーズ)

問題集・参考書の情報

河合出版
  • この質問を見た人は以下の質問も見ています