ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

下のところ以外はわかってます。ばねの弾性...

■どこまで理解しているか


下のところ以外はわかってます。

■どこが具体的にわからないか


ばねの弾性力がBに及ぼした力積を求めるのに、Bの運動量の変化について考えているのかを教えてください。

ゆいお さんの質問 勉強レベル8
1週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

こんばんは!


ばねの弾性力がBに及ぼした力積を求めるのに、なぜ B の運動量の変化について考えているのか

という意味の質問と解釈しますね。


物体 B は、ばねから力(弾性力)を受けています。

この弾性力によって水平方向の運動量が変化するわけですね。


この間の力積は物体 B の運動量の変化と等しくなります。

したがって、ばねが物体 B に及ぼした力積を求めるのに物体 B の運動量の変化を求めているのです。


※ばねの弾性力はばねの長さによって変化してしまうので、力の大きさ F が一定のときに使える式

(力積)= Ft

は使えません。

したがって、B の運動量の変化を通じて間接的に力積を求めています。

あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています