ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

労働三権といえば、団結権、団体交渉権、団体行動権だと思ったんですが...

■どこまで理解しているか


民主政治の基本原理等

■どこが具体的にわからないか


労働三権といえば、団結権、団体交渉権、団体行動権だと思ったんですが、参考書では、団体行動権ではなく、争議権となっていました。
団体行動権と争議権は同じなんですか?

国分太一 さんの質問 勉強レベル4
1週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

こんにちは!


まず、日本国憲法の第28条は次のようになっています:

勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。


今回の話題は、条文のうちの「その他の団体行動をする権利」です。

これを素直に表現すると「団体行動権」となりますよね。


世界大百科事典によると、次のように述べられています:

憲法28条は,団結権団体交渉権と並んで〈その他の団体行動をする権利〉を保障する。この権利が団体行動権であるが,通常,労働組合争議行為という団体行動をする権利,すなわち争議権を意味すると理解されている。最近では,団体行動権は,争議行為に限らずビラ貼りなどの組合活動を含む広い権利であるという見解が示されている。正当な組合活動に刑事免責の理論を認めようとする考え方のあらわれである。


正しくは団体行動権ですが、最近までは基本的に争議権を意味していると理解されていたので、争議権と記述されることもある、ということですね。

「団体行動権」と覚えておき、団体行動権の具体的な内容をいくつか知っておくのが無難です。

  • ありがとうございます!よく分かりました!

    1週間前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています