ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

回路とコンデンサーについてです。 写真に...

■どこまで理解しているか


回路とコンデンサーについてです。
写真にあるような回路を考える時、十分に時間が経った後のコンデンサーの電気量はQ=CEであっていますか?
途中で抵抗があるので、RI分の電圧降下を考えると、コンデンサーにかかる電圧は単にEではなく、E-RIにはならないのでしょうか?
その場合、答えはQ=C(E-RI)になると思いました。

■どこが具体的にわからないか


途中で抵抗があるので、RI分の電圧降下を考えると、コンデンサーにかかる電圧は単にEではなく、E-RIにはならないのでしょうか?
その場合、答えはQ=C(E-RI)になると思いました。
またこのように考えると、電流 Iを求めなければならず、よくわからないです。
回答よろしくお願いします。

saturn さんの質問 勉強レベル9
1週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

こんにちは!


「十分に時間が経ったあと」というのは、電流がもう一定値になっている状態をさします。


回路に電流が発生しているというのは、コンデンサーが充電され続けていることを意味します。

もし仮に、十分な時間が発生した後にもなお電流が 0 でないとすると、この回路のコンデンサーには無限に電荷が蓄えられていることになります。でも、それはおかしいですよね。

したがって、十分な時間が経過した後に回路に流れている電流は 0 なんです。

このとき、抵抗の両端の電位差が RI = R*0 = 0 ですので、コンデンサーの両端の電圧は E となり、蓄えられている電荷は CE となります。


十分な時間が経過し、定常状態になっているのがポイントです。

あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています