ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

「かくはんしてファージを振り落としたあと遠心分離する」...

生物の質問です。
図の「かくはんしてファージを振り落としたあと遠心分離する」というところの意味がよくわかりません。
ゆーも さんの質問
1週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

ハーシー・チェイスの実験において遠心分離機で撹拌するのは、

遺伝を司るものがDNAなのかタンパク質なのかをはっきりさせるために

「DNAとタンパク質を分ける目的」で行われました。


T2ファージの殻はタンパク質でできています。

T2ファージはすでに大腸菌内にDNAを注入しているので、

撹拌してT2ファージの殻(タンパク質)を飛ばして取り除きました。

それでも子ファージがつくられたということは、

生物を増やす機能はタンパク質にあるのではなく、

T2ファージが大腸菌に注入したDNAにある、ということがわかります。




似たような質問に対して、過去に私が回答しております。

https://noschool.asia/question/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93


詳細は上記URLを参照していただければと思います。



  • 残った殻はどうなるのですか?

    1週間前
  • 残った殻は、このあと使われることはありません。取り除かれる、ということです。

    1週間前

    山崎 陽子

    個人家庭教師
  • 何度もすみません💦

    では、もとのファージのDNAは子ファージに使われるのですか?

    1週間前
  • 厳密に言うと、元のファージのDNAを「コピーして」子ファージを作ります。コピーするときに使われる材料は、写真の下の図にある通り、大腸菌がもともと持っていたDNAを使います。

    1週間前

    山崎 陽子

    個人家庭教師
  • 殻が取り除かれるので、元のファージは子ファージを作ったらなくなるのですか?

    1週間前
  • そうですね。親ファージは自分のDNAを大腸菌に注入した時点で「生物」としての役目は終えることになると思います。

    そもそもウィルスを「生物」と定義するのはよくないことですが…

    1週間前

    山崎 陽子

    個人家庭教師
  • そうですか、OKです!ありがとうございました!!

    1週間前
  • 一つ一つ丁寧に教えてくださり本当にありがとうございました!

    1週間前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
山崎 陽子
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています