見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

物理 力学(3)ですが、学校の答えではg(sinθ...

■どこまで理解しているか


物理 力学

■どこが具体的にわからないか


(3)ですが、学校の答えではg(sinθ+μ‘cosθ)となっているんですが、-g(sinθ+μ‘cosθ)だと思うんですが、どっちがあってますか?

回答(3件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師
こんばんは! 加速度の「大きさ」を問われ...

こんばんは!


加速度の「大きさ」を問われているので、学校の答えである

g(sinθ+μ‘cosθ)

が正しいです。

  • そうですね…わかりました!ありがとうございます!

    4か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

個別指導塾講師
計算ではもちろん-g(sinθ+μ‘co...

計算ではもちろん-g(sinθ+μ‘cosθ)と、負の符号付きで求まると思います。

さて、問題文をよく読みましょう。

「加速度aの大きさ向きを求めよ」とあります。

大きさを求めるのだから、絶対値を取ります。だからここでは、負の符号を外したg(sinθ+μ‘cosθ)が、大きさの方の答えになります。

向きの方は、問題を解くときに斜面に沿って上向きを正にとっていたはずなので、答えに負の値が出たということは斜面に沿って下向きの加速度、ということになります。

あなたがベストアンサーに選んだ
山根 悟
さんは個別指導塾講師をしています

問題文には 加速度の『大きさ』と向き、 とありますね。


このときは 加速度は大きさを g ( sin θ + μ ' cos θ ) と あらわして、 向きは 右向きか左向き(Oの向きかQの向き)で答えます。


    - g ( sin θ + μ ' cos θ ) と 答えると、向きと大きさをいっぺんに解答してますので適当ではありません。

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

R1年度 2学年 夏期講習 物理 回[2001佐賀大] 図のように、一方の端を固 定したばねが水平面から0[) 傾いた斜面に沿って置いてあ る。ばねの他端は自然の長さ のとき点0の位置にある。 質量m[kg]の小物体Aをば ねに押し付けてT[mだけ縮 め,P点で物体を静かに放し た。物体は0点を通過し, ばねから離れて距離s[m]だ けすべった後,斜面の上端Q点から飛び出し,A[m)下方の水平面上のR点に落下し た。斜面は, P0 間はなめらかで, 0Q間はあらく物体と斜面との間の動摩擦係数は である。ばね定数を[N/m], 重力加速度の大きさをg [m/s?] として次の間いに軍位を 添えて答えよ。なお, ばねは十分に軽いとし,ばねと物体の運動は同一の鉛直平面内で 行われ,空気の影響はないものとする。 (1) 0点での物体の連さV。を求めよ。 (2) Q点での物体の速さV。を求めよ。 (3) 斜面0Q間をすべる物体の加速度aの大きさと向きを求めよ。 (4) 斜面から飛び出した物体が達する最高点Mの高さHを求めよ。ただし, Q点で の物体の速さはVQとしてよい。 (5) 斜面から飛び出...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります