ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

the ideaがどのように扱われているのか分かりません

■どこまで理解しているか




■どこが具体的にわからないか


2段落目の5行目のThat isから始まる文章で、SVはなんですか?the ideaがどのように扱われているのか分かりません

たかし君 さんの質問 勉強レベル10
1週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

次の2つの疑問は、根本的には同じ問いになるので、まとめて回答する。


■SVは何か?

■ the ideaがどのように扱われているか?


Cだけ、である。


品詞分解だけで説明すると、そうした回答になる。


「え、ちょっと待って、おかしい、補語だけで文章が成立するわけないじゃん!」


もし、そういう風に考えたなら、そのとおり。

その言い分はまったく正しい。

では、なぜそうした例外が認められるのか?


That is (つまり)という順接の接続詞が入っているから、主語を省略できる、

だから、ここには補語だけが残されている


というのが、最終的な回答。

次の( )が省略されている、と考えて良いのだ。


That is, ("To make the difference" is ) the idea that ~.


つまり、(SV)Cという構造だと読み取れる。


なぜそのように読み取れるか?


順接という意味は、簡単に言えば「イコール」ということ。

ということは、前の文と同じことを言っている

ならば、主語は同じだと決まっている。

それが「順接の接続詞」のルールだから


順接の接続詞のルールに基づいたコンテクストから、

この箇所の主語は、前文と同一であると決まってしまう。

ならば、省略しても読者には読み取れるはず

筆者は、そう判断して主語を書かなかった。

コンテクストに基づけば、主語の省略に気が付ける。

逆に、勝手に省略を決めたわけではない。

ちゃんとしたルールに基づいて主語を省いたのだ。


品詞分解・構造分析はもちろん大事

その上で、文章の流れ、つまりコンテクストも大事

論理がどう流れているか?を示す言葉、

つまり「接続詞」が指す意味を謙虚に受け取ろう。


  • 理解できました。ありがとうございます

    1週間前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
家勉応援
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています