ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

2問わかりません。 そして答えも申し訳ない...

2問わかりません。
そして答えも申し訳ないですがありません。
Sakura831 さんの質問 勉強レベル4
1週間前

回答(3件)

ベストアンサーに選ばれました

まず4番。敢えて図示はしません。下記解説を読みながら図示してみましょう。

下記に図示のヒントを示します

駅     出会う       学校

|----------------|-----------|--------------------------------------|

        15分 (ア)分           (イ)分


●太郎のスタート地点と、どこへ向かっているのか?

●次郎のスタート地点と、どこへ向かっているのか?

●(ア)分のとき、太郎次郎はどこにいるか?


時間が0のとき、二人の距離が3600mなので、駅ー学校間の距離が3600mであることが分かります。

次に、15分後に二人の距離が0mになっているので、ここで太郎次郎は出会っていることが分かります。

 →15分間で二人の歩いた距離を合計すると3600mであることが分かります。

ここで、太郎の速さを毎分xm、次郎の速さを毎分ymとします。この設問では、どちらがどれだけ早いか分からないので、x<yとします。どちらの方が早くても問題はありませんので、好きなように決めましょう(この理由が必要なときは別途説明しますので、言ってください)。

上記より、15分で太郎が歩いた距離は15x、次郎が歩いた距離は15yなので、15x+15y=3600①となります。


次に、求める(ア)の時間をa(分)とします。このaの前後でグラフの傾きが変わっていますが、aより先は傾きが緩くなっているので、速さが遅くなったことが分かります(この理由が必要なときは別途説明しますので、言ってください。)。

これが起こる理由は以下の2通りが考えられます。

1:歩く速さが遅くなった

2:どちらかがゴールに到着した

ちなみに、本設問の条件下で速さが変わると答えが出せません。つまり、2の方で考えてください。


ここで、先ほど決めた「太郎次郎どちらが早いか問題」が生きてきます。

次郎の方が早いと決めたので、次郎はa分後には到着、つまり3600m歩き切っているのです。

つまり、y×a=3600②となります。(文字が多いので、混乱しないように注意してください。)


次郎がゴールした(=駅についた=a分後)とき、遅い太郎はどこにいるかを考えます。

太郎はこの間、x✖︎aだけ移動したことが分かります。次郎は駅にいるので、太郎ー次郎の距離=太郎ー駅の距離=太郎が歩いた距離となります。つまり、太郎ー次郎間が1200mなので、太郎が歩いた距離x✖︎a=1200③となります。

ここで、②と③から、次郎は同じ時間(=a)で3倍歩いているので、速さも3倍です。よって、y=3x④となります。

この④を①に代入し、xを出すとx=60となります。これを③に代入してaを求めると、a=20となり、(ア)は20であることが分かります。

次に、(イ)を考えます。(イ)は太郎が学校へ着くまでの時間であることが分かります。太郎の速さはx=60なので、

(イ)の時間をb(分)とすると60×b=3600となり、b=60となります。

  • 問題が理解出来ました。ありがとうございます

    1週間前
回答へコメントする
個別指導塾講師

おはようございます!


ヒントをお示ししますね。


[4]

時間 0 〜 ア 分までは、二人が逆方向に進んでいます。

一旦 18 分のところで距離が 0 になっていますが、その瞬間にすれ違っているわけですね。

ア 分以降は、早い方が折り返しているので、グラフの傾きが小さくなっています。

距離の和が傾きだったのが、距離の差になるためです。


[5]

全ての行程で7時間、山小屋を通過してから戻ってくるまで4時間かかっています。

休憩時間を□時間とすると、山小屋はちょうど真ん中にあるので

7-□ = 2 * (4-□)

が成り立ちます。


あとは自身で考えてみましょう!

あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

個人家庭教師

小学生が理解するための視点で、解き方に繋がる考え方を書きます。


4. 3600÷18=200(2人の速さの和)

アで一方がゴールしたと分かります、仮に太郎がゴールしたのなら

この時点で太郎が3600m 次郎が1200m進んだことになるので

各々進んだ距離比 3600:1200=3:1=2人の速さの比に等しい 

あとは 200を3:1に分けて→太郎150m/分 次郎50m/分 以下計算


5 登りと下りの速さ比=4:5なら 同じ距離を往復しているので

かかった時間はその逆比=5:4  を利用する


(上記2問、添付画像参照してください)


あなたがベストアンサーに選んだ
ヒロ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています