見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

上の2つの証明が全くわかりません。 ご教示...

上の2つの証明が全くわかりません。
ご教示願います。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師
こんばんは! とりあえず (1) だけ。...

こんばんは!


とりあえず (1) だけ。(2) は自力でやってみましょう。


log_(1/2) a = ln a / ln 1/2

ですので、自然対数のときについて示せばOKです。

Gibbs の不等式と呼ばれる不等式でした。

  • 回答ありがとうございます。


    (1)は理解できたのですが、(2)のH(→q)の式がどうなるのかを確かめたいのですが、画像の通りで合っていますでしょうか。

    4か月前
  • 林 俊介

    個別指導塾講師
  • ありがとうございます。

    頑張ってみます!

    4か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

3. 以下の問いに答えよ (1)任意のn(Σ-1 P = 1.p20) とn:(Σ1S1,a>0)に対して TE Eplngnlag A i-1 is1 を示せ(15点)。 (2)確率ベクトルデー (p.)-1(すなわちΣ1 P = 1,p,>0) に対して II():= Σ ploy4D,と定義する。 11(0p+ (1-0)の> 011()+ (1-0)11() とする (15点). を示せ、ただし、 0<A<1 4.2元対称通信路を並列させた通信路(次頁通信路2)を考える. 通信路の通信路容量を求めよ(15点). この 5. 次貢通信路3において送信記号 ときの伝送情報量を求めよ (15点) むの生起確率がともに0.5で ある

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります