ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

古文で「詠める歌」を訳せという問題が出てきたのですが...

■どこまで理解しているか


「る」の部分が助動詞「り」だとはわかります。

■どこが具体的にわからないか


古文で「詠める歌」を訳せという問題が出てきたのですが、答えだと、「読んだ歌」となっていました。「る」の部分を存続とみなして、「詠んでいる歌」でも日本語としては通っていると思うのですが、どう考えればよいでしょうか。

7か月前

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました

存続で捉えてしまうと筆者が文章を書く目の前でずっと歌を詠み続けていることになってしまいます

しかし実際は"過去"に一度だけ詠んだものです

このように考えると過去で捉えるのが適切かと思われます

  • ただ訳を当てはめるだけじゃないということがわかりました。存続や完了の意味を考えると確かに不自然だし納得いきます。ありがとうございます

    6か月前
回答へコメントする
オンライン家庭教師

「詠む」=和歌・俳句などを作る。ある事柄を歌や句として表現する。

なので、

存続で「今まさに作っている最中」と訳してしまうと、まだ歌は完成していないことになってしまいます。

完了だと「(私が以前)作った歌」となり、より自然です。


ということで完了がよいです。


り・たり、は、基本存続で訳してみて、おかしいときは完了で訳しましょう。

今回はその「完了」にするべきケースだったのです。


・・・とはいえ、「詠める歌。」だけで訳せと言われると、【絶対に存続では訳せない!】とも言い切れないとは思います。。。

これはステップアップは例文を簡略なかたちで紹介する目的で、

前後の文脈をバッサリ切って一文だけを抜き出していることから起こる問題です。


もし前後の文もあわせて文章読解をするのであれば、前後の文脈も参考になるので、よりヒントは多いと思いますよ。


ここでは「こんな使い方もあるんだなあ」と学んでおけば大丈夫です!

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

kuro
オンライン家庭教師

自己紹介

個別質問は時々見ていないことがあります。すいません。 家庭教師歴5年 個別指導プロ講師歴11年 教...

合格実績

■大学 東京大学、岩手医科大学、一橋大学、早稲田大学、慶応大学、上智大学、青山学院大学、明治大...
  • 「詠む」を読みかたから、俳句など読んでるのかなと勝手に思っていました。「作る」の方だとは意外でした。今は文法しかやっていませんが、長文をするとき文脈をしっかり意識していきたいと思います。ありがとうございます

    6か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
kuro
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る