見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

CBまでは何となくわかります。Cの方式でな...

■どこまで理解しているか


Bまでは何となくわかります。

■どこが具体的にわからないか


Cの方式でなぜ答えがこうなるのでしょうか?
解き方教えて下さい。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師
こんにちは! 合成抵抗の公式を変形したも...

こんにちは!


合成抵抗の公式を変形したものを利用しています。

並列の場合の合成抵抗は、次のように計算できます:


最後の式で R1 = R, R2 = 3R/2 とすればOKです。

回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個人家庭教師をしています

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

電気通信技術の基礎 解説 (1) ここでは、図1の着子a-b間の合成抵抗R。をRで表す式を立て、R--8[Q)と置き、Rについて整理してやればよい。 合成抵抗R。をRで表す式は、図3の破線で囲まれた部分の→D→C→0→○の手順で順次求めていく。 RxR R R 2 図3ののの破線で囲まれた部分の合成抵抗R.は、 R.- 2R R+R R 3R のの破線で囲まれた部分の合成抵抗R.は、 R.= R+ R.=R+ 2 2 3R 3R R x 2 Rx R の破線で囲まれた部分の合成抵抗R.は、A。=R+R 3R 2 - 3R R+ 2 5R 5 2 の破線で囲まれた部分の合成抵抗Raは、 R 8R 3R R R+R. R+ 5 ©の破線で囲まれた部分の合成抵抗R.は、 R 8R 8R Rx 5 R 8R RxR R.= R+R 8R R + 5 13R 13 o b a o- よって、R。= R.-R=8[Q)となり、 13 これ 図3 をRについて整理すると、R= 13 [Ω)となる。 端子a-b間も端子b-c問も同じである。いま、 図4のように回路を流れる電 1アなタン7Y, に加わる...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります