見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

二枚目の画像の文章まで理解できています。...

■どこまで理解しているか


二枚目の画像の文章まで理解できています。

■どこが具体的にわからないか


△AOPの面積の求め方がわかりません。「△AOP は、線分AO = 線分PO = 半径2√7cm で、かつ底辺が2√3cm の二等辺三角形なので、面積は 5√3c㎡ になる。」と記載されています。どなたか具体的な説明を宜しくお願い致します。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師

[アップロード中です...]

三角形の面積を求めるには底辺×高さを2で割ります。いま、底辺の長さが分かっている状態ですから、高さを求めるために頂点OからAPに垂線を下ろします。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

岩下誠道
オンライン家庭教師

自己紹介

現在は某大学で数理物理学を専攻しています。専門は微分幾何学です。これまでに個別指導塾で主に高校生に数...

合格実績

これまでに個別指導塾で主に高校生に数学と物理を教えてきました。 ・熊本大学工学部 ・長崎大学...
  • △AOPの高さと円Oの半径を一緒にしてはいけないのですよね。
    高さの求め方をもう少し詳しく教えて頂ければありがたいです。

    5か月前
  • 何度か解きなおしてみると理解できました。ありがとうございました。

    5か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
岩下誠道
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

の中点なので、AM=4cm となり、 Mは線分 AB PM=2¢㎝なので、 AM:PM=1:2 となる。 ここで、AM:PM=1:2 かつ LPMA=60°であれば、△APMは直角三角形になる。(線分比1:23の三角形←台 角度30°,60°,90°の三角形)ゆえに、ZPMA=60°、LPAM= 30°、ZAPM=90°である。また、PM=2cm AM=4cm AP=2\3cm である。 BM=4cm CM=8cm BC=4\3cm である。 同様に、 △BCM は直角三角形になり、 次に円周上の点 PBに注目する。LPAM=30° なので、円周角LPAB = 30° であり、中心角LPOB=60°とな る。(中心角は円周角の2倍になる) 線分 AC は円の中心0を通る直径となる。 た、円周上の点AC に注目すると、円周角LABC= 90°なの 三平方の定理より線分 AC を求めると、線分 AC = \112= 417cm になるので、円の半径は27cmである。 弧BCと線分 BC で囲まれる扇型の面積をTとすると、 △BCM である。 弧 AP と線分 APで囲まれる扇型の面積をS、...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります