見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

ΔU=Q+Wの式は分かるしかく14の(2)はΔU=Q...

■どこまで理解しているか


ΔU=Q+Wの式は分かる

■どこが具体的にわからないか


しかく14の(2)はΔU=Q+Wに当てはめて4.8×10の2乗=Q+2.0×10の2乗で計算してはダメですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師

式は合ってて解答自体もあってますよ!ただ今後この式を使うときWは「気体がされた仕事」であることに気をつけてプラス・マイナスのミスがないようにしたら完璧です!今回は「気体にされた仕事」と明記されているのでそこがこの問題の肝です!

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

vayacy
オンライン家庭教師

自己紹介

阪大工学部です。個別指導を中心に講師を3年ほどやっています。今まで見てきた大手予備校の指導ノウハウを...

合格実績

小学生〜高校生まで個別指導を2年間、個別指導を中心に講師を3年ほどやっています。高校受験の指導では大...
  • 分かりやすかったです!ありがとうございます!

    5か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
vayacy
さんはオンライン家庭教師をしています

同じ問題集の質問(73件)

問題集・参考書の情報

数研出版

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

|13|物理基礎 P.134 粒状の金属2.0kg を詰めた袋がある。この袋を,高さ1.0mの位置からくり返し 50回落下させたところ,金属の濃度が1.4℃上昇した。この金属の熱容量C[J/K] と比熟 c[J(g-K))を求めよ。重力加速度の大きさを9.8m/s?とし,落下する際に重力がする仕 事はすべて金属の温度上昇に使われたとする。空気の抵抗は無視する。 14物理基礎 P134 なめらかに動くピストンがついた容器に,気体を閉じこめた。 (1) ピストンにおもりをのせた状態で気体を加熱したところ,気体は膨張し, おもりは 上昇した。この過程で気体が吸収した熱量を7.2×x10° J,気体が外部にした仕事を 2.4×10°」とする。このときの気体の内部エネルギーの変化AU, (J)を求めよ。 (2) 次に、おもりをピストンから下ろして容器を放置したところ,気体は熱を放出し ながら収縮し,やがて初めと同じ状態(同じ圧力·体積·温度)にもどったとする。こ の過程で気体が外部からされた仕事を2.0×10」とするとき,気体が放出した熱量 Qout (J)を求めよ。 (3)(1), (2) の...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります