見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

BがAの2倍の所にあるどの公式をつかってと...

■どこまで理解しているか


BがAの2倍の所にある

■どこが具体的にわからないか


どの公式をつかってといたらいいのかわからない。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師

こんにちは!


どの公式、と言われると私もよくわからないのですが、次のように考えることで解決するでしょう:


初速度こそ変われど、A から水平方向にスタートするのは変わりません。

したがって、放たれてから地面に落下するまでの時間は同じなのです。


滞空している間、水平方向には初速度と同じ速さで等速に動いています。

滞空時間が同じで水平方向の距離を2倍にしたい。

ということは、初速度を2倍にすればいいわけですね。(水平方向には等速度なので。)


追記:強いていうなら、等速直線運動の公式を使うことになるんですかね。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

林 俊介
オンライン家庭教師

自己紹介

みなさん、こんにちは! 林 俊介 (はやし しゅんすけ)と申します。 ---------- 私の塾...

合格実績

合格実績のうち一部をお示しいたします! <中学受験> 女子学院中学校 豊島岡女子学園中学校 渋谷教...
  • 説明ありがとうございます。質問なのですがAから水平方向にスタートするとはどういう意味でしょうが?なぜ放たれてから地面に落下するまでの時間が同じなのかよくわからないので、そこを詳しく教えてほしいです。

    5か月前
  • コメントありがとうございます。

    ・スタート地点から水平に投げ出されるという意味です。

    ・水平方向の運動と鉛直方向の運動は独立しているとみなせるためです。運動方程式を立ててみると、鉛直成分は同じ方程式になることがわかります。

    5か月前

    林 俊介

    オンライン家庭教師
  • よく理解ができました!ありがとうございます!!

    5か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんはオンライン家庭教師をしています

同じ問題集の質問(73件)

問題集・参考書の情報

数研出版

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

第2章。落体の運運動 21 *34 水平投射. 高さ 0.40m の机の上から小球をo [m/s]の速さで水平に投げ出す と、机の端から水平方向に0.40㎡離れた点Aに落下した。重力加速度の大きさを 9.8m/s?とする。 (1) 点Aに達するまでの時間t[s)を求めよ。 (2) 投げ出した速さvo [m/s) を求めよ。 (3) 点Aより2倍離れた点Bに小球を届かせるためには, 投げ出す速さを0の何倍にすればよいか。 (4) (2)と同じ速さ v0で水平に投げ出して, 点Bに届かせ るためには投げ出す高さん[m)をいくらにすればよ いか。 0.40 m -0.40 m- 0.80m >例題8,41 35. 水平投射●地上から高さ1の所を一定の速 さで水平に飛ぶ飛行機から,物資を静かに投下した ら,物資は地面に対して斜め45°の角度で着地した。 重力加速度の大きさをgとする。 (1) 物資が地上に着くまでの時間tを求めよ。 (2) 飛行機の速さ oを求めよ。 45 B A T点の直下の占Aと善地占Bの間の距離しを求めよ。

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります