ログイン 新規登録

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

基本例36の(2)とPRC36の(2)がわかりません...

■どこまで理解しているか


基本例36の(2)とPRC36の(2)がわかりません。

■どこが具体的にわからないか


それぞれの問題の共通範囲の不等号がなぜそうなるのかわかりません。ご解説よろしくお願いします。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
tamu先生
先生
先生 の回答 1年前

例題36(2)

図を見ると

k-2≦-2,6≦k+5

であれば良いと分かります。


ここで、=がつくかどうかが問題になってきますが、k-2=-2の時に条件を満たすか、6=k+5の時に条件を満たすか、を確認します。


k-2=-2の時

A:-2≦x…

C:-2≦x…

なので、これは条件を満たすことが分かります。


6=k+5の時

A:…x<6

C:…≦x<6

なので、これも条件を満たすことが分かります。

  • Practice36(2)で

    k-6=-1の時

    A:-1≦x…

    C:-1<x…

    となって、-1∈Aですが-1∈/Cなので、条件を満たさないことが分かります。

    1年前

    tamu

    先生
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは先生をしています

詳しくはこちら

同じ問題集の質問(107件)

問題集・参考書の情報

数研出版

他の質問・回答も見る