ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

伊勢物語・筒井筒の、 「くらべこし 振り分...

■どこまで理解しているか


伊勢物語・筒井筒の、
「くらべこし 振り分け髪も 肩過ぎぬ 君ならずして 誰か上ぐべき」
という和歌についてです。
とりあえず、和歌の意味についてはざっくり理解しています。

■どこが具体的にわからないか


5句目の最後の「べき」は、どの助動詞の意味で解釈するのが正しいでしょうか?
自分で調べた限りでは推量、意志、当然などが出てきました。

また、この和歌の4、5句目の現代語訳が「あなた以外の誰のためにこの髪を結い上げましょうか」となっていたのですが、どの部分から「あなた以外の誰の『ために』」という訳になるのでしょうか。
解説お願いします🙏

かりんと さんの質問 勉強レベル2
2週間前

回答(1件)

個人家庭教師

「髪を結い上げる」というのは当時女性にとって、「成人の証」になります。


よって結い上げるのは「君=あなた」ではなく「自分(とか自分の身内の人間)」になります。

そう考えると、

「誰か上ぐべき」の「誰か」は、「誰のために」と考えられるのです。

で、「誰のために(私が)上げましょうか」となるのであれば、

「べき」は意志、となります。


しかし、諸説あるみたいで、、、


「あなた以外に誰がこの髪を上げるでしょうか」


という訳もそこそこあるようですね。

そうなると「べし」は「推量」「当然」となります。


ご自分で調べたようですが、そこに「推量、意志、当然」とあるのは、そのへんの判断を避けたんでしょうね。


個人的には「誰のために(私が)上げましょうか」が正しいような気がしますが・・・


とても詳しい情報がこちらです

http://jiuxia.web.fc2.com/Tokei/Nohmemo/Nomemo02Izutu/Memo02Izutu.html

あなたがベストアンサーに選んだ
kuro
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています