ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

こんにちは。中3受験生です。難関私立高校...

こんにちは。中3受験生です。難関私立高校志望校です。(偏差値76の高校です。)
勉強法、問題集について質問があります。
1 過去問はいつから始めるべきですか?
2 理科の応用問題が苦手なので、理科の応用問題がたくさんある問題集があればいくつか教えてください。
Mayu さんの質問 勉強レベル2
4週間前

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

理科は門外漢なので、1についてだけ。


■過去問はいつから始める?


夏休みも残りわずかだからこそ、最低でも1年分を「いま」やることを勧める。


過去問をいつ始めるかは、人によって、あるいは塾の指導方針によって違うので、

一般的にどうこうとは言えない。

だから個人的な意見として申し上げると、

志望校の可能性が芽生えた段階で、有無を言わずに「やる」


とうぜん、結果は散々なはず。

だからこそ多くの人は、やりたがらない。

悪い結果を受け入れる勇気がないから。


でも、入試とは点数を取ったものが合格するという一種のゲームなので、

入試当日までに点数を取るために必要なことを身に付ければ良い

ならば、たとえば今の実力が30点なら、合格まであと35~40点が必要、

という「現状認識」が必要。まずはそれが第一歩。

それを自分に分からせるために過去問を解く


こういうのは逆算的な考え方で、目標に対し、極めて効率の高いやり方。

合格点数を取るためでもなければ、安心するためでもない

打ちのめされても良いし、それが当たり前で当然

現在の実力と、合格に必要な実力の間の、

ギャップを知ることが、過去問を解く目的になる。

ならば、志望校が見えた段階で解くのが筋だと、僕は思う。


ただし、解いた後は、深い「分析」が必要

解きました、何点でした、で終わらせても収穫は少ない。

なぜなら、

 ・ギャップを知ること

 ・そのギャップを埋めるために何が必要か?を知ること

が過去問を解く目的だから。


例えば、失点理由が

「不定詞の形容詞的用法が分からなかったから」

だとしたら、

 ・参考書で基本ルールを理解する

 ・問題集で理解したルールを試す

 ・できるまでやる

というステップが見えてくる。

過去問の失点部分が、明日からの勉強対象になるのだ。

それが過去問を解く意義になる。


もっとも、それを自分だけでやるのは時間がかかって非効率的だし、

そもそも分析する力が足りないかもしれない。

そういう時に、学校の先生に助けてもらう、

あるいは、親に助けてもらう(教えてもらうか、お金を出してもらう)。


いずれにせよ、過去問を解くのは、志望校が半分以上の確率で決まったときだ。

夏休みはまだ、あと何日かは残っている。

本番環境と同じように、8:00から机に向かって準備し、

一日を過去問解答に当ててみることを勧める。

まだまだ暑い夏は終わらないけれど、立ち向かって頑張ってほしい。


あなたがベストアンサーに選んだ
家勉応援
さんは個人家庭教師をしています

個人家庭教師

一概にこれが絶対というのはないですが、

以下は一つの考えです。

私は集団塾で私立難関志望クラスを指導してきました。


過去問はいつからやるか

→現状把握であれば、試しに今1回やってみても良い。

第1志望校の過去問を本格的にやるのはは秋以降でも間に合う


中3難関私立志望であれば、この時期には何らかの形(塾や個別指導など)で

中3学習内容は全て一通り終了しているはずです(という私の感覚ですが…)

ですので夏休み以降は基本的に(志望校以外の)過去問演習をやったり

重要単元をおさらいし、各自の苦手部分つぶしていく作業になります。

夏は中堅私立の過去問から徐々に慣らしていって、秋~冬の仕上げ時期に

自分の志望校レベルの過去問に難易度を挙げていくというやり方もあります。


過去問やる目的は大きく言えば

1現状把握、苦手発見

2本番のシミュレーション、出題傾向に慣れる です。


現状把握の為の過去問であれば今すぐやって、自分がどれだけできるか

確認するのが有効です。経験上、どちらかというと理系科目(数理)

で撃沈して凹む生徒が多いように感じます。

(※逆に英語などは予想より点が取れて油断するケースもある)


注意すること


質問者さんの現状(塾に行っているのか自分で進めているのか)

分かりませんが、難関私立であれば大体全体の6~7割得点できれば

合格ラインに届くことがほとんどです。不要な知識や「捨て問」の

見切り方は、専門の先生に聞く方が手っ取り早いでしょう。


あと、志望校の過去問を早めにみてしまうと

問題を覚えてしまい、直前のシミュレーションに使えなくなるので、

直近1~2年分は年明けくらいまでは封印しておいた方が良いかもしれません。


つらつらと書きましたが、必要に応じて参考にしてください。


理科の問題集を2つ挙げておきます

●最難関高校の理科 単元別7か年 2020年度受験用 英俊社

●最高水準問題集 高校入試 理科 (シグマベスト)   文英堂


SS76の学校を目指しているという事であれば、

一番難度の高いにものに触れておくべきと考えます。

あなたがベストアンサーに選んだ
ヒロ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています