ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)と(2)の①まで(2)の②の解き方が分かりま...

■どこまで理解しているか


(1)と(2)の①まで

■どこが具体的にわからないか


(2)の②の解き方が分かりません。答えは1.00gです。どうやって解くのか教えてください🙇‍♂️

cocoa さんの質問 勉強レベル3
3週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました

(1)酸素

(2)3.79g

-----------

表は、すべて反応したときです。

反応が、酸化銀→銀+酸素 なので

【酸化銀の質量-銀の質量=酸素の質量】です


これを合わせて表に書いてみると、以下のようになります

---------------------------------------------------

酸化銀:1.00g:2.00g:3.00g:4.00g

__銀:0.93g:1.86g:2.79g:3.72g

_酸素:0.07g:0.14g:0.21g:0.28g

---------------------------------------------------

(3)実際には

-----------------------

酸化銀:4.00g・・・①

__銀:3.79g・・・②

_酸素:0.21g・・・③

----------------------

と、おかしなことになっています


チェックしてみると

①は、最初の酸化銀の値なのでOK

②は、反応せずに残った酸化銀と出来た銀の混合物です

③が、反応してできた酸素です


酸化銀や銀を直接的に求められなくても

③の反応した酸素から、反応した酸化銀が求められます

 表から、酸素が(0.21g)のとき、反応する酸化銀は(3.00)g


つまり

 用意した酸化銀(4.00g)に対して、使われた酸化銀は(3.00g)


よって、

使われなかった(反応せずに試験管に残った)酸化銀は(1.00g)となります

  • 丁寧に解答していただきありがとうございました。✨

    3週間前
回答へコメントする

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています