見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

質問:193の⑷が理解できません。 答えを見てもよく分からなくてわかりません。詳しく教えてください。

山崎 陽子 山崎 陽子 個人家庭教師の回答

こんにちは。mRNAに注目して考えて下さ...

(1)と(2)の①まで(2)の②の解き方が分かりま...

■どこまで理解しているか


(1)と(2)の①まで

■どこが具体的にわからないか


(2)の②の解き方が分かりません。答えは1.00gです。どうやって解くのか教えてください🙇‍♂️

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
学生

(1)酸素

(2)3.79g

-----------

表は、すべて反応したときです。

反応が、酸化銀→銀+酸素 なので

【酸化銀の質量-銀の質量=酸素の質量】です


これを合わせて表に書いてみると、以下のようになります

---------------------------------------------------

酸化銀:1.00g:2.00g:3.00g:4.00g

__銀:0.93g:1.86g:2.79g:3.72g

_酸素:0.07g:0.14g:0.21g:0.28g

---------------------------------------------------

(3)実際には

-----------------------

酸化銀:4.00g・・・①

__銀:3.79g・・・②

_酸素:0.21g・・・③

----------------------

と、おかしなことになっています


チェックしてみると

①は、最初の酸化銀の値なのでOK

②は、反応せずに残った酸化銀と出来た銀の混合物です

③が、反応してできた酸素です


酸化銀や銀を直接的に求められなくても

③の反応した酸素から、反応した酸化銀が求められます

 表から、酸素が(0.21g)のとき、反応する酸化銀は(3.00)g


つまり

 用意した酸化銀(4.00g)に対して、使われた酸化銀は(3.00g)


よって、

使われなかった(反応せずに試験管に残った)酸化銀は(1.00g)となります

  • 丁寧に解答していただきありがとうございました。✨

    5か月前
回答へコメントする

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

G 酸化銀がそれぞれ1.00g, 2.00g, 3.00g 入った試験管A~Cを用意し,図のように十 酸化銀 発生した気体 分に加熱して酸化銀をすべて反応させ,発生 した気体を集めた。また, 加熱した試験管が (1 十分冷めてから, 試験管A~Cの質量を再度 測定した。表は,その結果をまとめたもので ある。 試験管B 試験管C 試験管A Uele L.00 93 3. 00 1.86 0.0% また, その気体であることを確認する方法を,簡潔に書け。 酸化銀の質量(g] 1. 00 tk2. 79, 73 試験管に残った物質の質量[g]|0.93 (1) 発生した気体は何か。 試験管に残る 酸化銀を4.00g入れた試験管を用意し」図のように加熱すると、 (2) 0,070 4-3.99 0.al 13個 考えた。 物質の質量は何gになるか の十分に加熱して酸化銀がすべて反応したとすると, 試験管に残る物質の質量は 何gになるか。 22 実際に実験してみると, 試験管に残った物質の質量は3.79 gであった。試験 管に残った物質を調べてみると, 加熱が不十分で酸化銀が残っていることがわ...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります