見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

ミカエリス・メンテンについて 2問目はライ...

ミカエリス・メンテンについて
2問目はラインウェーバー・バークプロットを使って解けると思うんですが答えがありません。
差し迫っているのでよろしくお願いします。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師
こんばんは! ここでは、一般的な濃度につ...

こんばんは!


ここでは、一般的な濃度についてラインウェーバー・バークプロットをお示しします:


第二象限は 1/[S] が負の領域であり、実現するのは 1/[S] > 0 の領域です。

あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個人家庭教師をしています

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

E B 図1 化合物Zはある酵素の阻害剤として働く、以下の問いに答えよ。 (i) 化合物Z非存在下における酵素反応速度(v) の基質(S)濃度依存性は図2のような関係 になり,以下の式で与えられる。 V Vimax(S] KM+S この式の名称を記せ。 1/2V [S 0 K 図2 化合物Z存在下,非存在下における VmaxおよびKu値は 以下のとおりである。 (ü) 化合物Zなし 化合物2 Vmax umol/(mg-h) KM, nM 100 100 10 上表に記載されたパラメーターに従い,それぞれの状態における二重逆数 プロットを同一のグラフ内に図示せよ.また, それぞれの直線について x, y切片の値を明示せよ。 化合物Zが酵素活性を阻害する機序とその理由について3行以内で記せ。 (ii)

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります