見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(2)まで復元力を使うときに板だけの運動方...

■どこまで理解しているか


(2)まで

■どこが具体的にわからないか


復元力を使うときに板だけの運動方程式から導くとまずいですかね?

回答(0件)

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

園に承すように鉛直に立てもれた軽いばねに、 厚みの無視できる質質量2mの板を 定する。その板の上に、質量mの小球を静かに置いたところ、自然長よりdだけ縮ん で静止した。この位置を原点とし、船直上向きを正として軸をとる。ここから、 らにad (a> 0)だけ板を押し下げ静かに放したところ、 板と小球は一体で動き始めた ここで、空気抵抗や幸盤の影響は無視する。また、重力加速度の大きさをgとし、運 動は船直方向のみを考える。 2 m (1) このばねのばね定数を求めよ。 (2) 板と小球が一体で動いているとき、位置xでの加速度および小球が板から受ける垂 直抗力を求めよ。 (3) ある位置で小球が板から離れて上昇した。小球が板から離れるためのαの条件、離 れる瞬間の位置、およびそのときの小球の速さを求めよ。 12 ns KC 3n dCメ+リ / kd -mg N dNmgna kldtiy kcd+-Bmg3ha KN a-kldgadt)-9 Kid yd m gthal mg (t+I まわ定数をめよ。 X. 2d(a1) (4) 3 o 4ia 体で動いているとき、位置xでの加連度料よ...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります