見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

生物基礎 DNAが含む塩基対の数についてこの...

■どこまで理解しているか


生物基礎 DNAが含む塩基対の数について

■どこが具体的にわからないか


この二つの下線部の表現で混乱しています。(前者河合全統マーク模試の解説、後者問題集)

前者のプリントの「ヒトのゲノムを構成するDNA」と後者のプリントの「ヒトの46本の染色体を構成するDNA」というのは別ですか?

そもそも60億という数字、1組のゲノムに含まれるヌクレオチドの数(30億×2)としか認識していなかったので混乱してしまいました。このあたりいまいち理解しきっていないためおかしなことを言っていたらすみません、生物基礎のレベルでいいですのでわかりやすく解説していただきたいです。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました

まず、ヒトの染色体46本というのは、23ペアで46本なのだということを理解しておいてください。

23ペアの内の1つの染色体ペアのもつDNAの同じ場所には同じ事柄に関する情報が刻み込まれています。

髪の毛の色を何色にするか、瞳の色を何色にするか、まぶたは一重か二重か、血液型は?などなど。

(ペアの意見が対立した場合、優性の法則の出番です)


そう考えてみると、ペアの片方だけあれば何とかヒトって作れるような気がしませんか?

もちろん、片方だけでうまくヒトが作れるわけではありませんが、遺伝情報の種類数的には、ペアの片方だけあればいいことになります。

なので、遺伝情報の種類数を数えるためにゲノムという言葉が出てきたわけです。

遺伝情報の種類数を数えるわけですから、ペアの片方分だけの塩基対を数えればいいことになります。それが、「ヒトのゲノムを構成するDNAには約30億の塩基対が含まれている」という言葉になります。


もちろんヒトの体細胞にはペアの両方が含まれていますから、体細胞の核には、ゲノムの倍、60億の塩基対が存在することになるのです。


  • 素早いうえに分かりやすい解答ありがとうございます!ゲノムを根本的に理解できていなかったことがよくわかりました笑

    だから体細胞一個に含まれるヌクレオチドの数が60億×2なのですね。また混乱しないよう気をつけます、ありがとうございました!

    6か月前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

ハ色素をもっているわけではない。 およそ60億個の架 × ヒトの受精卵のAの内部には、 色体が含まれている。 →ヒトの体細胞の核には、 46本の染色体が含まれ ている。よって,誤り。ヒトの46本の染色体を 構成する DNAが、およそ60億対の塩基対をも つことと、混同しないようにしよう。 く④Aの内部には,染色体のほかに1~数個のミトコン ドリアが見られる。 する →ミトコンドリアは、核外の細胞質に名断存在 なるように結合しているので,誤りである。なお, ウラシルは RNA に含まれる塩基であり, DNA には含まれない。 5 2 問6 設問文に「ヒトのゲノムを構成するDNAには,約30億の塩 基対が 含まれている」とある。1塩基対は2個のヌクレオチドか らなるので, 1 組のゲノムに含まれるヌクレオチドの個数は30 億×2=60 億である。ヒトの体細胞1個には,両親からそれぞれ 1組ずつ受け継いだ2組のゲノムが含まれているので, ヒトの体

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります