ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

フランス人宣教師のピニョーはなぜ、どのよ...

フランス人宣教師のピニョーはなぜ、どのような狙いで阮朝設立を助けたのかわかりません。

また、なぜ阮福映はピニョーの助けを受け入れたのかもわからないです。
もんちっち さんの質問 勉強レベル2
4週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

阮福瑛がフランスの援助を要請したのは、

西山朝(せいざんちょう・たいそんちょう)を倒すためです


ホーチミンで一族は殺されましたが、

阮福瑛は唯一人、生き残りました

その後シャム王朝や現地中国人を味方に再戦を挑みましたが、

ラックガム=ソアイムットの戦いにも敗れます


西山朝への恨みは深かったはずです


ピニョー(ベトナム名バー・ダ・ロク)は非常に興味深い人物です

当初はベトナムに布教するため宣教師としてベトナム入りし

途中で迫害に遭いインドに逃れ、

再度ベトナムに入った際に阮福瑛と知り合っています。


宣教師を先兵として派遣し、

植民地化の可能性を探るのは「当時の帝国」の常套手段です

が、ピニョーの場合は少し趣が異なります


当初はピニョーも阮福瑛の息子を連れ、

フランス王ルイ16世と謁見し協力を求め

「ダナン港とプロコンドル島のフランスへの割譲」

を約束させ本国の援軍を得ました

まさに帝国的なやり口だったわけです


ところがインドの総督コンウェイが軍事支援に反対します


ピニョーはここでなぜか

自費で武器を購入し義勇兵を集め

ベトナムでの戦いに自らも赴きます


このときのピニョーの気持ちはわかりません

ここが知りたかったのなら申し訳ないです


友としての約束を果たすためか

キリスト教的な使命感か

阮福瑛の息子と同行したことでなんらかの家族的つながりを感じたのか

あるいはその全てが絡み合ったのかもしれません


最新の武器を手にした阮福瑛の軍は勝利を重ねます

死ぬ直前もピニョーはクィニヨン攻撃に同行し、

暑さと疲労で死亡しています

弔辞はもちろん阮福瑛が読み上げました


時に1789年、フランス革命の年ですね

今ではなくなってしまったピニョーの像です

あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

同じ問題集の質問(2件)

世界史用語集 改訂版

世界史用語集 改訂版

問題集・参考書の情報

山川出版社
  • この質問を見た人は以下の質問も見ています