見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

マークしたところ以外マークしたところ

■どこまで理解しているか


マークしたところ以外

■どこが具体的にわからないか


マークしたところ

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師
まず問題文に書いてある条件から、波の速さ...

まず問題文に書いてある条件から、波の速さが媒質II中ではv、媒質I中では2v。また、そのことから、媒質II中では媒質I中の1/2倍になります。


その前提で、AとBの2つの点まできた波がそのあとどのように進むかを考えます。

このとき、Bの点は媒質I中なので、速さ2vのまま進みます。


Aは媒質IとIIの境界にあって、今はそこから媒質IIに向かう波を考えるので、波の速さはvです。


それからある時間経ったら、Bを通った波がCにたどり着いたと書いてあります。

速さ2vに、その時間(具体的には不明ですが)をかけたら、速さの定義上、BCの長さになります。

Aから媒質IIに向かう波は速さvなので、その移動距離はこれまた速さの定義上vにその時間をかけたものです。


とりあえず具体的には時間がわからないのでtと書いておきましょう。


BCの長さ=2vt、Aから出た波の移動距離=vtなので、BCの長さ=2×Aから出た波の移動距離となります。

変形すれば、Aから出た波の移動距離=BCの長さ/2ですね。


素元波は、ある点を基準に同心円状に、同じ速度で伝わっていると考え、波が出てから一定の時間経過したと考えて、その速度と経過時間の積を半径とする円として描かれます。


Aを中心にAから出た波の移動距離を半径とする円上にあるわけです。Aから出た波の移動距離=BCの長さ/2なので、Aを中心にBCの長さ/2を半径とする円上に描かれます。

あなたがベストアンサーに選んだ
森 雄一朗
さんは個人家庭教師をしています

同じ問題集の質問(64件)

問題集・参考書の情報

第一学習社

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

Bを結ぶ線分の中点は、 定常波のになる。 相で振動しているので、 練であり,図 本例題4/ 波の屈折理 図のように,波が媒質Iから媒質IIへ進む。媒質1, I |の中を伝わる波の速さは,それぞれ2v, ひである。面 AB は古Aに入射する波の彼面を示す。次の各間に答えよ。 基本問題51 1) 点Bの波面が点Cまで進んだときの, 媒質Ⅱ中の屈 祈波の波面,および屈折波の射線を図示せよ。 o) この波の媒質Iに対する媒質IⅡの屈折率はいくらか。 ホイヘンスの原理の考え方を用いて 面, AからDへ引 いた矢印が射線と なる(図)。 (2) 媒質1に対す AD= 指針 副折波の波面,および射線を作図し, 屈折の法則 の式を用いて屈折率を計算する。 解説 A (1) 媒質Ⅱ中での速さは,媒質I 中の1/2 となる。波面AB上のBから出た素 元波がCに達したとき, Aから媒質Ⅱ中を進ん だ素元波は, BCの長さの1/2の半径の円周上 にある。Cから半円に引いた接線が屈折波の被波 BC る媒質Ⅱの屈折率 nは、屈折の法則 2v の式を用いて、

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります