ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

奉らせ給ふ という語について。 奉るが謙譲...

■どこまで理解していますか?
奉らせ給ふ という語について。
奉るが謙譲語、
給うが尊敬語なのはわかりました。

■どこが具体的にわからないですか?
これはどういった意味なんでしょうか?
謙譲語なのか尊敬語なのかもわかりません。
教えてください。

bluefairy さんの質問 勉強レベル10
6日前

回答(1件)

ベストアンサー

「敬語」の対象はご存知でしょうか?

「尊敬語」は話者やその場にいる者などが「動作」を行う対象に対して敬意を示すものであり

「謙譲語」は主に「動作主」が「動作」の受け手に対して敬意を示すものであります。

この場合の「給ふ」というのは、いわゆる「尊敬の補助動詞」というものになり、まず「奉る」は動作主が「動作」の受け手に対して敬意を示しており、「給ふ」はその「奉る」という動作を行なっている者に対して敬意を示しております。


ただ、どこからの出典かまではその文章からは予想がつきませんので、あくまでその文章においての説明という事で捉えていただければ、幸いです。

(おそらく『枕草子』ではなかろうかと思いますが、、)

個人家庭教師
田中 個人家庭教師 神奈川県/本厚木駅 3日前
あなたがベストアンサーに選んだ
田中
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています