ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

水銀が大気と接している面に働く大気圧とガ...

■どこまで理解していますか?
状態方程式

■どこが具体的にわからないですか?
水銀が大気と接している面に発生する大気圧とガラス管内に存在する水銀柱の及ぼす圧力と等しいとありますがなぜ等しいと言えるのかわかりません

あゆむ さんの質問 勉強レベル2
1週間前

回答(1件)

ベストアンサー

圧力というのは基準からの高さで決まるからです。

この図の場合地上を基準だと考えて、点線の部分では地上からの高さが等しいためこの点線上のどの部分でも圧力が同じになります。


圧力が等しいことは、重さの釣り合いからきています。

もし、水銀柱部分の圧力が強ければ、大気に触れている方の液面はもっと上に上がってしまうはずです。

圧力のバランスが取れる時は必ず基準からの高さが同じになるはずです。

raison 1週間前

質問する

回答するには ログイン してください。

同じ問題集で4件の質問があります

エクセル物理総合版―物理基礎+物理

エクセル物理総合版―物理基礎+物理

問題集・参考書の情報

実教出版