見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

問 物体Bを固定せず物体Bが水平面上x軸正の...

■考えている内容や答え


問 物体Bを固定せず物体Bが水平面上x軸正の方向に自由に運動できるとする。この時物体Bの斜面上の点Qに衝突した小球はその後ふたつの物体に衝突せず原点Oに落下した。
小球が物体Bと衝突してから原点Oに落下するまでに小球が到達しうる最高点のy座標をLを用いて表わせ。

この問題なのですが小球と物体Bとの衝突で小球の速度を成分に分けて物体Bとの反発係数の式を立てたのですがこれはどこが誤りなのでしょうか?

■特に不安な点や、確認したいこと


いつどのような時に反発係数の式が成立してどんな時にしないのかよく分かっていません。
そこも教えていただけると嬉しいです。

4か月前

回答(0件)

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

(50点) 1 密度が一様で等辺の長さがしである直角二等辺三角柱の形状をした2つの物 体AとBがある。図に示すように、等辺の1つを下にして, 2つの物体をz軸 上で接するようになめらかな水平面上に置く。 接する線分の中点を原点0と し,物体に沿ってx軸を,鉛直上向きに」軸をとる。物体Aを水平面に固定 し, 物体Aの斜面の中点Pから斜面に垂直に速さび。で小球を投げ出したとこ Vo 物体Bの斜面上の点Qに, 斜面に垂直 ろ, 小球は物体Aに衝突することなく. に衝突した。小球と物体Bとの衝突は弾性衝突であり, 小球はxy 平面内を運動 する。小球の質量をm, 物休13の質量をM.重力加速度の大きさをgとして、 物体Bを水平面に固定した場合と固定しない場合について,以下の問いに答え よ。 横から見た図 L P A 上から見た図 P -L L z B) (c) 小球が物体Bから受ける力積は斜面に垂直であるから, 衝突直後の連度も斜面に乗直。 衝突直後の小球の連さを,点Q で衝突した直後から点0までの時間をTとすると。 2 21 L L 1 2 2 2 2, 0. のより、 27 2 衝突後の小...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する