ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

なぜピークAがG1期でピークBがG2期からM期を...

■どこまで理解しているか


問1、3

■どこが具体的にわからないか


問2

なぜピークAがG1期でピークBがG2期からM期を表しているのかわかりません。

F さんの質問 勉強レベル8
2か月前

回答(1件)

個別指導塾講師

細胞周期のそれぞれの時期で何が起きるかを思い出してみましょう。

G1は合成準備期です。

SはDNA合成期。この時期にDNA量が増加していきます。

G2は分裂準備期。すでにDNA量は元の細胞の2倍になっていて、細胞分裂に備えています。

Mは分裂期。この期の終わりに細胞分裂が完了し、2倍になっていたDNAは2つの細胞に均等に分けられて、細胞1個当たりのDNA量は元に戻ります。


つまり、DNA量が少ないところに生じているピークAは、元の細胞と同じ量のDNAを持っているG1期の細胞。

DNA量が多いところにできているピークBは、DNA量が倍増しているG2、M期ということになるのです。

ちなみに、二つのピークに挟まっているDNA量が中途半端な丘のような部分が、DNAを増やそうとしているS期です。

あなたがベストアンサーに選んだ
山根 悟
さんは個別指導塾講師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

  • この質問と似た質問

  • この質問に関連する文章

    問1 (1) 5.85 x 106個 問2 ビークA…細胞分裂後から間期でDNA合成が始まる前までの時期にある細胞の数 (2) 48時間 (G,期にある細胞の数) ピークB…間期でDNA合成が終了し, (G,期とM期にある細胞の数) M期の終期までの時期にある細胞の数 問3 アセチルコリン ラットの副腎髄質のがん細胞より分離され、樹立されたPC12細胞という株細哀(クローン化され 際限なく増殖する(表1)。 た培養細胞)は、通常の培地で培養すれば、条件の許す範囲で 表1 72時間後 培養時間 48時間後 24時間後 11.7x 10°個| 16.6 x 10°個 細胞数 8.3 × 10°個 しかし,神経成長因子をその培養液に加えると、 細胞分裂が抑 制されて、神経細胞に特徴的な長い突起を伸ばし、神経伝達物質 の合成が高まるなどの諸変化が誘導される。発生の過程で、副腎 A 髄質は末梢神経と起源が同じであることから、 このような性質の 株細胞が得られた。 神経系の発生の過程に神経成長因子は重要な 役割を果たすことが明らかにされており, PC12細胞は、その作用 機構を解析する研究のモデル...

    ※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

    あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する