ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

どうして(250-178)/18で水の分子の数がわかるのですか?

■どこまで理解しているか


質問以外

■どこが具体的にわからないか


(3)で、どうして(250-178)/18で水の分子の数がわかるのですか?

なは さんの質問 勉強レベル3
2か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

こんばんは!


加熱前後の分子量の差は、加熱により水が失われたことにより生じます。


分子量の差は 250-178=72 であり、この分子量に相当する水分子が飛んでいった訳です。

元の硫酸銅五水和物 1 mol あたり 72÷18=4 mol だけ水分子が失われた、と計算できます!

  • 初歩的な質問かもしれないのですが、1mol=1分子なのですか?

    4mol=6.0×10^23分子ではないのですか?

    2か月前
  • 4mol=6.0×10^23分子

    ではなく、

    1mol=6.0×10^23分子

    です!

    2か月前

    林 俊介

    個別指導塾講師
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(13件)

問題集・参考書の情報

数研出版
  • この質問と似た質問

  • この質問に関連する文章

    (3) 4分子 (4) c (5) 3.2g (2) b, 175 (1) a d 解説(1) CuO+ H&SO CuSO』水溶液からは硫酸銅(II) 五水和物CUSO4.5H2O の青色結晶 が析出する。 (2) 配位できる非共有電子対がないのは,水分子のH原子と硫酸イオ ンのS原子である。 (3) 電気炉で130°Cに加熱した後の結晶硫酸銅(I)の式量をMとする。 CUSO.+5H:O と加熱後の結晶硫酸銅(IⅡ)の物質量は等しいので CUSO4+H20 5.000 250 13.56-10.000 M-178 失った水分子の数は 250-178 =4 18 (4) CuSO,-5H.O 約130°℃ 青色 CuSO.HO 約250°℃ 淡青色 *04 CuSO.(無水) 白色 さらに加熱すると, 約650°CでCUO (黒)に変化するが, なお, こ れは解答群にない。 CuSO.の式量は160で, (5) CuSO.+5H2O と同じ物質量より 5.000 250 x160=3.2(g) 参考]約130°CではCU?*に配位していた4つのH2O 分子が失われ、 約 250°℃...

    ※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

    あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する