見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

挿入の前にbe動詞があるのに対し、下の文は後ろにbe動詞...

■どこまで理解しているか


英語 挿入について。
彼らはいわば、同じ穴のムジナだ。
They are, as it were , birds of a feather.
マイクはわたしが思うにとても興奮している。
Mike, I think , is very excited.
という2つの文について。

■どこが具体的にわからないか


上の文は挿入の前にbe動詞があるのに対し、下の文は後ろにbe動詞があるのはどうしてですか??

6か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました

お答えします。

as it wereは、birds of a featherというような定型語句の前に置かれます。

<例>The old man is, as it were, a grown-up baby.

次にI thinkは、もともと、I think (that) Mike is very excited.からのものですね。

主節 I thinkは主張したい内容の語句の前に置きます。「とても興奮しているね」の前に置きます。

例えば、次の例があります。

He is, you know, a genius.

これはa geniusという定型語句の意味だからisの後ろにyou knowが入るわけです。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

北摂英語110番。
オンライン家庭教師

自己紹介

現役高校教師45年、河合塾30年、チャート式参考書Dual Scope執筆者、Vision Ques...

合格実績

京大、阪大、神戸大、関関同立。国公立・私立大の医学部。
  • very excited を主張したいものとして、

    Mike is , I think , very excited.

    ではだめなんですか??

    6か月前
  • それではダメです。I thinkは挿入対象とする人や物の直後に置くというルールがあります。だから、Mike,I think,is very excited.

    6か月前

    北摂英語110番。

    オンライン家庭教師
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
北摂英語110番。
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る