ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

石灰石が2.5gで、二酸化炭素が発生するのが...

■考えている内容や答え
【問3】の同じ濃さの塩酸が何㎤必要か、がわかりません

●石灰石が2.5gで、二酸化炭素が発生するのが一定の量になるとき塩酸は30㎤
●石灰石が5gなので2.5gの2倍、なので塩酸も2倍の60㎤

と解きました

■特に不安な点や、確認したいこと
答えは50㎤でした
私の考えなぜ間違ってるのか教えてください!

げすと さんの質問 勉強レベル4
1週間前

回答(1件)

ベストアンサー

(2)の表をよく見てください。

石灰石2.5gのとき、

塩酸を10cm3加えたら、気体は0.4g(96.5-96.1)発生していますね。

塩酸を20cm3加えた時には気体は0.8g(106.5-105.7)発生しています。

なるほど、加えた塩酸の量と発生する気体の量は比例しているようです。

比例の式は、塩酸をx、気体をyとしたら

y=0.04x

となるでしょうか。


では、塩酸を30cm3加えた時にはどうでしょう。

比例の関係というなら1.2g気体が発生してないといけないはずですが、1.0g(116.5-115.5)しか発生していません。

これは、どこか途中で石灰石がすべて反応してしまったからだと推理できます。では、石灰石がすべて反応した時の塩酸の量はいくらでしょうか。

石灰石がすべて反応したとき気体は1.0g発生するのですから、これは、さきほどの比例の式にy=1を代入してx=25と求まります。

つまり、石灰石2.5gをすべて反応させるのに、塩酸は(30ではなく)25cm3あればよかったのです。


そこから先は、石灰石が2倍になったので、必要な塩酸も2倍、という考え方でOKです。


個別指導塾講師
山根 悟 個別指導塾講師 山口県/ 1週間前
  • ありがとうございました!とても分かりやすかったです

    1週間前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
山根 悟
さんは個別指導塾講師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています