ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

クーロン力、ファンデルワールス力は分かっ...

■どこまで理解していますか?
クーロン力、ファンデルワールス力は分かっているつもりです、

■どこが具体的にわからないですか?
(3) (9)の違いがよくわかりません。

Kaede さんの質問 勉強レベル5
2週間前

回答(1件)

全然違います


まず、(3)の物質は、すべてイオン結合の固体です。

イオン結合の力は陽イオンと陰イオンが引き付けあうクーロン力です。

クーロン力は、原子の大きさが小さいほど強くなるので、イオンの大きさが小さくなるほど、互いの距離が近くなるので、力が強くなります。

力が強ければ強いほど融けにくい、つまり融点が高くなります。


(7)の物質は、すべて気体分子です。

気体は低温になると液体になりますが、液体の中では、もともと気体分子だったものがファンデルワールス力で弱く結びついています。


ファンデルワールス力という力がいったい何なのか、正確には実は現代物理でもよく分かっていません。ただ、分子の大きさが大きいほどどうやら大きいらしいことが分かっています。


ファンデルワールス力が大きいほど高温でも液体のままいられます。つまり沸点が高くなります。


ただ、HFに限って言えば、H-F-Hにファンデルワールス力よりはるかに強い水素結合が働くので、HFの沸点は、このなかで一番大きくなります。



himichu 6日前

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています