ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

日本語の語順(主語 目的語 述語)を細分化す...

■考えている内容や答え
日本語の語順(主語 目的語 述語)を細分化するとどうなるかわかりません。例文もつけて説明お願いします。
ちなみに私は語順がおかしくなる時があります。例えば 英語の和訳のときとか。

例えば

私は昨日 時計を見ました。
私は時計を昨日見ました。

■特に不安な点や、確認したいこと
どっちが正しい日本語なんですかね〜?
でも問題集の答えには片方しか書いてないのでどっちもが正しいとは言い切れないんですよ

AI+α さんの質問 勉強レベル5
3週間前

回答(1件)

ベストアンサー

日本語でも副詞句にあたる言葉は基本的にどこにおいても構いません。

もっと言えば、日本語には助詞なんていうたいへん便利な品詞があるので、語順がバラバラでも助詞にさえ気をつけていれば一応意味は通じます。


①私は昨日時計を見ました。

②私は時計を昨日見ました。


この①と②の場合、より自然なのは①のほうです。

文全体を修飾することばは、主語の前後に置くとわりと自然な文になることが多いです。



日本語のわかりやすさ、自然さを重視する場合、

「いつ」→「どこで」→「誰が」→「誰に」→「何を」→「した」

という語順で書くと、比較的自然で読みやすい日本語になります。


例1)中国語を中国にいたときには私は学ぶ機会がなかった。


これだとちょっと不自然なので、読みづらいです。

この例文を、上の順序に従って書き換えると、


例2)中国にいたときには私は中国語を学ぶ機会がなかった。


となります。

こうすると比較的流れがよく、わかりやすい文になります。



「いつ」→「どこで」→「誰が」→「誰に」→「何を」→「した」

という順序にしたがって①の文を書き換えると、


③昨日私は時計を見ました。


になります。私はだいたいこの書き方をします。


ただ、文の一部を強調したいときや、修飾語が多くて誤解を招く表現になる場合は、この語順に従わないこともあります。

個人家庭教師
山崎 陽子 個人家庭教師 茨城県/稲戸井駅 3週間前
あなたがベストアンサーに選んだ
山崎 陽子
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています