ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

イオン化傾向が大きい水素イオンではなく、銅が...

■どこまで理解しているか


⑵の銅板においてなぜ、イオン化傾向が大きい水素イオンではなく、銅が析出するのですか?この法則は電気分解だけで、電池では暗記するしかないんですか?

■どこが具体的にわからないか


⑵の銅板においてなぜ、イオン化傾向が大きい水素イオンではなく、銅が析出するのですか?

この法則は電気分解だけで、電池では暗記するしかないんですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
ヒロ先生
先生
先生 の回答 1年前

ボルタ電池では希硫酸で水素イオンがめちゃくちゃ多くあり,水素が発生して分極が起こります。しかし,ダニエル電池ではプラス側は硫酸銅溶液なので,水素イオンが少ないから水素が発生しません。

あなたがベストアンサーに選んだ
ヒロ
さんは先生をしています

詳しくはこちら

同じ問題集の質問(44件)

問題集・参考書の情報

数研出版

他の質問・回答も見る