ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

なぜ、らむなのに過去推量のような訳なのでしょうか?

■どこまで理解していますか?
Dの文章 らむ 以外

■どこが具体的にわからないですか?
ここでの らむ を含めた訳出が
( 何度あなたを頼みに思ってきただろう )
なのですが、らむは現在の推量や現在の原因推量に使われるので、この訳だと過去推量のけむの方が適しているのではないかと思います。なぜ、らむなのに過去推量のような訳なのでしょうか?

ももえり(ログアウト... さんの質問 勉強レベル2
3週間前

回答(1件)

ベストアンサー

「けむ」だと「もう昔のことだけどね」と、

ちょっと突き放した感じがするからではないでしょうか。


ここは友を励ます歌ってことなので、

英語でいうと現在完了っぽく、

「らむ」って言ったほうが、

「妻が来る場面をまざまざと思う感じが出る」と思ったのかもしれません。


いや、業平の気持ちは正確にはわかりませんけど。


一応もうひとつ、

「きけむ」「きにけむ」って形になるとカッコ悪いし、

「来ぬ」「衣」って掛詞が消えてしまうってこともある。

衣を贈ってるのに台無し。


(着ぬっていうのが抱き合うって意味を込めているという説もあるらしい)

(ちょっと私はわからない)


一首目の「相見し」が仲睦まじいってことですから、

それの返歌として、

二首目の「いくたび」も「幾度」と「(妻のところへ)行くたび」、

このへんも掛詞になってる感じ。

個人家庭教師
マゴメ 個人家庭教師 埼玉県/入間市駅 3週間前
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。

同じ問題集で3件の質問があります

マーク式基礎問題集古文 (河合塾シリーズ)

マーク式基礎問題集古文 (河合塾シリーズ)

問題集・参考書の情報

河合出版