ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

大気圧が変わることなんてあるんですか?

■どこが具体的にわからないですか?

大気圧が問題で1.02となっているのですが、何か意図があるのですか?

大気圧が変わることなんてあるんですか?
たかし君 さんの質問 勉強レベル10
2か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

こんにちは!


そもそも、大気圧は常に変わらない定数ではありません。

あくまで大気の圧力という意味ですから、時と場合により多少変わります。

1000 hPa のこともあれば、1013 hPa や 1020 hPa のこともあります!

あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(17件)

問題集・参考書の情報

数研出版
  • この質問と似た質問

  • この質問に関連する文章

    同温·同圧·同体積の 体の平均分子量Mは, M=32 x1.2=38. 438 0.の分子量 0に対する比重 窒素のモル分率をxとすると,二酸化炭素のモル分率は (1-x)となる から, 28Xx+44x(1-x) = 38.4 N x0.35 平均分子量 49:(1) メスシリンダー内の気体の圧力を大気圧と等しくするため。 (2) 9.9x10 Pa (3) 0.73L (1) メスシリンダー内の圧力を直接知ることはできないので,メスシリ ンダー内外の水面を一致させてメスシリンダー内の圧力と大気圧を 等しくしてから,気体の体積を測定する。 (2) 捕集した気体の分圧+飽和水蒸気圧=メスシリンダー内の気体の圧 カ=大気圧”であるから,次の関係が成りたつ。 捕集した気体の分圧=大気圧一飽和水蒸気圧 捕集した酸素の分圧=1.02×10°Pa-3.0×10°Pa=9.9×10*Pa 大気圧 飽和水蒸気圧 P+P ボイ (3) 捕集した酸素は, 24°C, 9.9×10'Paで0.808Lであるから, ル·シャルルの法則 i-DVaより。 T2 9.9X10 Pax0.808 L_1.01x1...

    ※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

    あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する