ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

政治経済、ルソーの社会契約論のところです...

■どこまで理解していますか?
政治経済、ルソーの社会契約論のところです。

■どこが具体的にわからないですか?
自然権の譲渡という表現について。権力を持った者(国家や統治者)には譲渡できないということでいいのですか?細かいところですが問題集によって表現が違って混乱しました。
しおり さんの質問
3週間前

回答(1件)

ベストアンサー

問題集によって見解が変わるのは困りますよね。

さて、どうすればいいのか。


「譲渡もできない」の表現に従った方がいいですね。

なぜなら、「譲渡すべき」と同じ表現が、ルソーと同じ社会契約説者のホッブズの特徴にあるからです。


「譲渡すべき」という表現は、ルソーではなくホッブズの特徴です。

なので、ルソーの特徴としては、「一般意思」と「直接民主制」の2つの特徴を抑えておくといいでしょう。

私としては、「譲渡すべき」と表現している1枚目の画像がミスプリントであってほしい。いやミスプリントでしょ!!とつっこみたくなるくらいです。

あとついでに、倫理の対策としてルソー著の「エミール」も覚えておくといいですよ。


個人家庭教師
金城かおる 個人家庭教師 オンライン指導/ 3週間前
  • 丁寧に答えていただきありがとうございます!理解が深まりました。最初のプリントの表現は気にしないことにします笑

    3週間前
  • BAありがとうございます!頑張ってください!!

    3週間前

    金城かおる

    個人家庭教師
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
金城かおる
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています