ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

2020年から始まる大学共通テストでは英語にスピーキングが...

自分は浪人生ですが、2020年から始まる大学共通テストでは英語にスピーキングが追加されるみたいですが、それはどうやって受ければ良いのでしょうか?民間の英語検定試験を受けないといけないのでしょうか?それとも大学共通テストの当日か、別日にスピーキング試験があったりするのでしょうか?
3か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

まず英語の試験にスピーキングが課されるのは正確に言えば2021年(2020年度)の試験からです。

現在高2生の子たちが高3になった時に受ける試験を指します。


現在高3生の子たちが受ける、今年度(2020年)実施のセンター試験ではスピーキングは課されていません。

民間試験の活用などについては志望大学の募集要項などで確認してください。


もし2021年の共通テストについてお聞きになっているということであれば、共通テスト(現:センター試験)においてスピーキングが課されるのではなく民間試験を活用してスピーキングのテストを受ける事になります。

受けられる民間試験は現在

・英検

・ケンブリッジ英語検定

・GTEC

・IELTS

・TEAP

・TEAP CBT

・TOEFL iBT

となっているかと思います。

7月の初めにTOEICが共通テストから撤退したのがニュースになりました。なので他の民間試験もこれから撤退する可能性などもあります。

また英検は新方式での試験など共通テストに対応している試験とそうでないものがあります。

さらに英検は来年度(2021年実施)の共通テストに活用するための試験を受けるために今年の9月に予約申し込みが始まります。


長くなってしまいましたが、正直まだこれでも全く説明が足りないかもしれません。


今年度のセンター試験(2020年実施)についてはまずはご自身でも情報を集めてください。


来年度の共通テスト(2021年実施)については現在非常に混迷を極めています。

英語についてだけ言えば、民間試験の活用の是非は大学によって対応が全く異なります。

ご自身が受ける可能性のある大学の募集要項をよく読まなければなりません。


あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは個人家庭教師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

この質問に関連した回答一覧

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する