ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

『心理作用は社会や環境と関係している』ということはわかるのですが...

この文章なのですが、『心理作用は社会や環境と関係している』ということはわかるのですが、具体的にどういうことなのかわかりません。

第2段落の確かに〜以降の文章、第3段落の内容など、何を表しているのか説明よろしくお願いします🙇‍♀️
yukari さんの質問 勉強レベル10
2か月前

回答(4件)

個人家庭教師

第2 第3段落が具体的に何を示しているか、、の前に「人間の心理作用が、社会や環境と関係している」をもう少し噛み砕いてみましょう。


良い例か分かりませんが、例えば「怒り」 これは、自然に湧き上がるものではないですよね。自分の中にある道徳 信条が基準となり、それを他人 もしくは環境がそれを違反していた場合、あなたの中に湧き上がるものですよね。


そして、貴方が例えば心の中で「あ、これやらなきゃ!!」て思うようには、今まで生きてきた環境の中でやっていくうちに、おのずと自分の中に「習慣」として確立されていった。これが「自分の心理作用は、社会や環境によってセッティング」されていることの意味になるのではないかと。質問者さまの最初の「心理作用は、社会や環境に関係している」ということにつながります。

あなたがベストアンサーに選んだ
田中
さんは個人家庭教師をしています

個人家庭教師

この考えを基に 第2第3段落も読み解いていけば、おのずと読み深められるのではないかなと思います。そこまで話の内容が変わっているようには思われないので、根本だけこちらからお伝えし、後はもう一度自分で内容を精査してみることをお勧めします

あなたがベストアンサーに選んだ
田中
さんは個人家庭教師をしています

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

ちなみに「具体的な」内容の解釈は、はっきり申し上げると「できません」。というのも、それは実は千差万別であり、皆が皆そういう解釈をするとは限らないからです。(というより、評論文も小説も一緒ですが)

であるから、質問者様が、私が上記で述べた根本部分を自分なりに参考にし、もう一度読み深め、自分で得た解釈を「その本文にあたる内容」だと思ったら、まるっきり的を外していない限りはある種「正解」になるからです。問題文にかぎらず、文章というのはそういうものです。

私が押し付けた内容を鵜呑みにされてしまっても、それは質問者様の国語力を上げることにはならないので、まずは読み深めること。これがおのずと受験にも必要になってきます。


大丈夫、こうした内容をきちんと疑問視されている質問者様の姿勢は立派なものです。

無責任な面が残ってしまいますが、勝手ながら応援しておりますよ😊

  • 回答ありがとうございます😊

    お返事遅くなりすみません💦

    とても丁寧に説明してくださりありがとうございます🙇‍♀️1回目の解釈に注意して読んだところ、わかりやすくなりました!助かりました!

    2か月前
  • 良かったです😊

    他の方も質問者様に回答いただいてますね。そういった方のご意見も参考し、比較しながら「あ、こっちの方が的を射てるな」と情報を精査しながら、国語というものに真摯にあたってください。

    決して鵜呑みにせず、自分の論理的思考力を上げることが、貴方の力を引き上げるキッカケになります。

    応援してますよ。

    2か月前

    田中

    個人家庭教師
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
田中
さんは個人家庭教師をしています

個人家庭教師

具体的に、というなら


・環境問題

・サービス残業

・女らしさ(男らしさ)


を挙げられる。


どれも

「昔は認められたことだが、今は叩かれる」

という事柄。時代が変われば常識も変わる。


文章中の「社会や環境」というのは、

人間を取り巻く外部」という意味だから、


・日本やアメリカ、という社会

・熱帯雨林や砂漠、という環境

・戦前や現代、という時代

・友人や親、教師、という人間


など、広い対象をまとめて(合算して)指している。


我々は独りで生きている気がしてしまう(若いころは特にそう)。

けれども、それはまったくの驕りであって、

「外部」がなければ、我々は生まれてさえいない。

日本語では

「私は2000年に生まれた」

と言うけど、英語は

I was born in 2000.

となり、「生ませられた」と受動表現になる。

つまり「母(と父)が生んでくれた」という認識が背景にある。

人は独りでは生きていけないのだ

(……と『現代文標準問題精講』にあったはず)。


だから、自分を形成する考え方や習慣、価値観などは、

自分だけで作ったものではない、と謙虚に考える必要がある。


そこで質問。

あなたは、次の文章をどう思うだろう?


「男性の後ろを、半歩下がって歩くのが女性らしい」

「デートで奢るのは、男として当たり前」


かつて、これらの考え方は、それを口にしても、

一般的に受け入れられるのが普通だった。

平成に変わる頃でも、普通に受け入れられていた。

でもこの20年くらいでがらりと変わった。

今なら「時代遅れ」と言われても仕方ない考えに変わった。

SNSで本気で書いたとしたら、きっと炎上する。


yukari さんが上の文章を読んで感じたこと、

つまり、その「心理作用」がどんなものであれ、

そこには時代や社会常識、価値観など、

「外部」の影響が無意識に(そして強力に)刻まれている

自分の力だけで感じたことではない。

知らないうちに、外部によってコントロールされている、

と大げさに理解しても良い。


本文の事例は「計算」なので、イメージしにくいと思うが、

質問に挙がった一文は、そういうことを意味している。

この理解を元にして、改めて読み込めば、

筆者の言いたいことが理解できると思う。


  • 回答ありがとうございます!

    丁寧に教えてくださり助かりました!

    2か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
家勉応援
さんは個人家庭教師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(2件)

  • この質問と似た質問

  • あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する