ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

どうしてこの組み合わせになるのかわかりません…

■どこまで理解していますか?
写真1枚目のⅠ~Ⅴが、写真2枚目のA~Eのどの地点に関する記述かを考える問題です。
Ⅰ、Ⅱ、IVはわかりました(因みに、答えは順にE、A、Bです)。

■どこが具体的にわからないですか?
他の2つの答えはⅢ-D、Ⅴ-Cなのですが、どうしてこの組み合わせになるのかわかりません……
解説お願いします🙏
3か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

Ⅰ〜Ⅲは、火山噴火後の植生の回復過程を、Ⅳ,Ⅴは気温による違いを問うていることが、問題の内容や、問題文の書き方を比較することでわかります。


まずⅢは、Ⅰ,Ⅱに比べ、高い木が生えている(「20mを超える高木層」)こと、暗い林床でも育つ植物がある(「ネマガリダケが厚く繁茂」)ことから、Ⅲは植生がほとんど回復している、つまり、噴火から結構時間が経っていることがわかります。

ですので、噴火したのが一番古いDがⅢになります。


次にⅤは、マツなどの寒さに強い植物があること、林内が明るい、すなわちそんなに植物が生えていないことから、Ⅳよりも過酷な環境であろうと思われるので、山頂付近のCがⅤになります。

先生の詳細情報

北條靖之
個人家庭教師
東京都/大井町駅 ※オンライン指導も可
■中学生 10円(時給) ■高校生 10円(時給)
  • 中学生
  • 高校生
  • 小学生

もっと丁寧に指導を受けられる個別指導も依頼受付中!

この先生にチャットで問合せする
あなたがベストアンサーに選んだ
北條靖之
さんは個人家庭教師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

【I】 次の文章を読み、 以下の設間に答えよ。 下図は日本付近の太平洋上に浮かぶ架空の島「大環境島」である。 この島に関する以下の説明を読んで、各設問に答えなさい。 大環境島 N 400 200 Skm 大環境島の周囲は約80kmで、島の中央には活火山の「大環境山」 (標高 1,718m)がそびえ立つ。古くから噴火を繰り返しており、過去 200年についてみれば、1862年、1935年、1981年に溶岩流を伴う 噴火が記録されている。 これら3回の噴火では、 それぞれ火口がずれていたために溶岩流 も異なる方向に流れ出た。図の黒の斑(ぶち)模様で示した部分がそれ ら3回の溶岩流の軌跡を示しており、北西方向のものは 1935 年、 北東方向は 1862年、南東方向は 1981年の溶岩流の軌跡をそれぞれ 示している。 また、大環境島は日本付近の 穏やかな気候下にあるが、 島中央の 大環境山は標高が高く、山頂近くは冬場には雪に閉ざされる。次の 表は島の北部にある漁港付近と山頂近くで観測された最近 10年間 の月別平均気温と月別降水量を示したものである。 大環境島の気温と降水量(2003~2012...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する