ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

問「我が国において、公共投資の景気刺激効...

問「我が国において、公共投資の景気刺激効果は高度経済成長時代に比べて、それ以降は小さくなったと言われている。その原因に対する記述として以下の文はただしいか否か答えよ」

①わが国が輸入する原油などの原燃料の価格が、高度経済成長期に比べて相対的に低下したため、公共事業による資材の購入代金のうち、他の産業への波及効果の大きい原燃料の輸入代金に当たる部分が減少することになった。▷▶︎▷▶︎答え✕

解説
輸入代金の減少は、資金の海外への漏れを減少させその乗数効果を高める

意味がわかりません。詳しく解説お願いします
8か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師

うーん。

私も、このたった1行の解説を読んだだけでは意味がわかりません(笑)すみません。

しかし、決定的に違うところがあります。

それは記述の1行目、

わが国が輸入する原油などの原燃料の価格が、高度経済成長期に比べて相対的に低下したため、」

というところですが、これは違います。

日本の高度経済成長期が終わったのは1973年ですが、

なぜ終わったかというと、この年に第一次石油危機が起こったことで原油価格は高騰したのです。

なので、「相対的に低下した」ことはありません。


この第一次石油危機を機会に日本の産業構造は変化しました。

原油に依存していた重厚長大型から、依存しない軽薄短小型の産業へ移行したのです。

今ではよく聞く「省エネ」もこの時期に生まれた単語なんですよ。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

金城かおる
オンライン家庭教師

自己紹介

始めまして。金城 薫(きんじょう かおる)と申します。沖縄県在住の3児の父です。 教育機関(専門学校...

合格実績

これまでに1500名以上の学生を支援し、多くの学生を官公庁の採用に導きました。 (外務省・環境省・...
あなたがベストアンサーに選んだ
金城かおる
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る