ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

119

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

(1)③と④の違いが分かりません
そもそも表の味方が分からないのですが
野生型と領域内で一つだけ違う現象が起こったものと比べるのではないのですか?
教えてください



119
学校嫌い さんの質問 勉強レベル9
2か月前

回答(1件)

表を縦に見る感じで見ていきましょう。

同心円領域1は、野生型ではがくになる部分ですが、aaBBCCな個体ではめしべになっていることから、同心円領域1は遺伝子Aがなければめしべ、あればがくになることがわかります。

つまり、同心円領域1を、野生型と同じがくにするには、遺伝子Aがあればいいことになります。



同心円領域4は、野生型ではめしべになる部分ですが、AABBccな個体ではがくになっていることから、同心円領域4は遺伝子Cがなければがく、あればめしべになることがわかります。

つまり、同心円領域4を、野生型と同じめしべにするには、遺伝子Cがあればいいことになります。

これが(1)④の答えになります。



同心円領域2と3はちょっと複雑です。

同心円領域2は、野生型では花弁になる部分ですが、aaBBCCな個体ではおしべ、AAbbCCな個体ではがくになっていることから、同心円領域2を花弁にするには遺伝子AとBの両方が必要だとわかります。

同心円領域3は、野生型ではおしべになる部分ですが、AAbbCCな個体ではめしべ、AABBccな個体では花弁になっていることから、同心円領域3をおしべにするには遺伝子BとCの両方が必要だとわかります。

これが(1)③の答えになります。

ベストアンサー
個別指導塾講師
山根 悟 個別指導塾講師 山口県/ 2か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
山根 悟
さんは個別指導塾講師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています