ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)で自分は見ましたのでと訳してしまったのが、答えは見ますのでになっていました。その理由をお願いします。

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

17番です

(1)で自分は見ましたのでと訳してしまったのが、答えは見ますのでになっていました。

その理由をお願いします。



(1)で自分は見ましたのでと訳してしまったのが、答えは見ますのでになっていました。その理由をお願いします。
ayata0713 さんの質問 勉強レベル1
5か月前

回答(1件)

17番の傍線部を品詞分解すると、

見・給ふれ・ば

になります。

「れ」は動詞「給ふ」の已然形の一部です。完了存続の「り」ではありません。
もし、「給ふ」が完了存続の「り」につながっているのであれば、(サ変の未然形か四段の已然形接続なので)「給へれ」になるはずです。

また、「給ふ」には四段のときと下二段のときがありますね。
今回の「給ふれ」は四段か下二段か?活用表をつくってみましょう。
四段: 給 || は・ひ・ふ・ふ・へ・へ
下二段:給 || へ・へ・ふ・ふる・【ふれ】・へよ
よって、下二段活用であることがわかりますね。

だから「見ましたので」でなく「見ますので」と訳します。

=ワンポイント=

「給ふ」は、四段活用のときと下二段活用のときがあります。
四段活用→尊敬の意味になります。
下二段活用→謙譲の意味になります。
個人家庭教師
kuro 個人家庭教師 オンライン指導/ 5か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
kuro
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています