ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

食塩水の濃度の問題 中1

食塩水の濃度の問題 中1です。

5のような食塩水の濃度問題が苦手です。

A.Bそれぞれの塩の量が36g 20gとしかわかりません。

この後はどのように解きますか?

答えは⑴42g ⑵75gです。



食塩水の濃度の問題 中1

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
生徒
A,Bそれぞれの食塩の量が出せるのであれば、

苦手なのは食塩水の問題というよりは問題の整理かもしれません。



まず、濃度が等しくなったときの濃度を求めると、

☆この時の濃度は、二つを混ぜたときの濃度と等しいため、

(混ぜてから2つに分けた状態と同じということですね)

(36+20)÷(300+100)×100=14%



また、☆同じ量を入れ替えるため、それぞれの食塩水の全体量は変わらないので、

Aは14%の食塩水が300グラムとなります。

よって、42gですね。



次に、食塩水を入れ替えるとどのくらい食塩の量が変わるかを考えると、

☆入れ替えた食塩水の量の(12%と20%の差の)8%分変化します。

Aは食塩の量が6g変化したため、

6÷(8/100)=75g

となります。
食塩の量が出せるならもう一息です

文章題は登場人物になった気持ちでひとつずつ動作をイメージすると楽しくなれます



Aからくみだした食塩水は何gでしょう?わかりません。x(g)としましょう

Bからくみ出した食塩水は何(g)でしょう?わかりません。y(g)としましょう



Aから汲み出すと減ってしまいます何g残っていますか?300-x(g)ですね

Bはどうでしょう?100-y(g)ですね



では、くみ出した食塩水を入れると

Aは300-x+y(g)

Bは100-y+x(g)となりました



食塩水全体の重さは出ましたが、濃度を知るためには食塩の重さが必要です



Aをくみだしたときの食塩は

0.12x(g)

Bは0.2y(g)



残った食塩を考えてみましょう

Aは0.12×300-0.12x(g)

Bは0.2×100-0.2y(g)



そこにくみあげたものをいれてみますと

Aは0.12×300-0.12x+0.2y(g)

Bは0.2×100-0.2y+0.12x(g)



さて、変化した後の全量と食塩がわかったので、濃度が出せます

濃度が等しいので方程式が使えそうです



一度ここで解いてみてください
  • お二人とも、ありがとうございました。

    同じような問題をどんどん解いてなれていきたいと思います!

    1年前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る