ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

関数

平行四辺形ABCDがあり、それぞれの座標はA(-1,7)B(-3,1)C(3,3)です。

(1)ACの中点をMとすると点Mの座標を求めよ。

(2)点Dの座標を求めよ。

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師

ちゃんとした計算方法は別の方がちゃーんとやってくれているので、私は別アプローチの回答をします。

とりあえず図を自分でかいてみましょう!!

あとは数えていくだけです!

(1)なら、x座標がそれぞれ-1と3なので、その間の1、同様にy座標が7と3なので、その間の5になります。

よってM=(1,5)

(2)は、ABとDCが平行移動していることに注目して、BからAが右に2、上に6離れているので、Cから右に2、上に6進んだところにDがいます。

なのでD=(5,9)となります。

計算で解けるようになることも大事ですが、慣れないうちはしっかり自分で図を書いてみましょう!

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

北條靖之
オンライン家庭教師

自己紹介

3年間の個別指導塾で指導経験を持つ、現役ロースクール生があなたの勉強をサポートします! 受験対策でも...

合格実績

都内の個別指導塾にて3年間の指導経験があります。小学生〜高校生まで幅広く指導してきました。特に中学生...
あなたがベストアンサーに選んだ
北條靖之
さんはオンライン家庭教師をしています

生徒

(1)

Mの座標はAとCの平均。ゆえに

((-1+3)/2,(7+3)/2)=(1,5)より

M(1,5)


(2)

平行四辺形の

「2つの対角線はそれぞれの中点で交わる」という性質から


BとDの平均=M


ゆえに、D(x,y)とすると、

((-3+x)/2,(1+y)/2)=(1,5)より、

(x,y)=(5,9)

よって

D(5,9)

他の質問・回答も見る