金属の精錬

回答

この表の緑でかいた線の、

電気分解で還元される

C,COなどで還元される

加熱のみで還元

の意味がわかりません。

それぞれどんなことを表しているのか教えてください。

金属の精錬

 

 

勉強レベル7 on 2018年4月16日 の質問 化学に関する質問.
コメントする
ベストアンサー

金属というのはその表の「自然界での産出」の欄にあるように「化合物」として自然界にあることが多いのです。
化合物として存在しているということは金属はイオンとして存在しているということです。
例えば身近なものだと、ナトリウム(Na)は
塩化ナトリウム(NaCl→Na(+)+Cl(-))
などとなって自然界に存在しています。
金属の精錬とは、こうしてイオンとして存在している金属類を単体として産出する作業です。
金属イオンは電子を失って陽イオンとなっています。この失った電子を得ること(電子を得る→還元)で単体としての金属になります。
どのようにして還元される(金属イオンが電子を得ることができる)かはその表の通りです。
還元のされ方が金属によって違うのは、イオン化傾向の違いがあるからです。
イオン化傾向が大きいとイオンになりやすいです。
逆に言えばイオンから単体に戻すのにそれだけ必要なエネルギーが大きいのです。
そのために還元に必要な作業も異なってきます。
水銀(Hg)や銀(Ag)はイオン化傾向が小さいため加熱という作業だけで還元ができます。
鉄(Fe)やニッケル(Ni)はそこそこイオン化傾向が大きいので、炭素(C)や一酸化炭素(CO)を還元剤として作業を行う必要があります。
カリウム(K)やナトリウム(Na)は反応性が高くすぐにイオンになってしまう(イオン化傾向が大きい)ので並の還元剤を用いた作業ではエネルギーが足りないため、電気分解を用いて電流を通して直接イオンに電子を送り込んで還元しています。

千葉県 / 千葉駅 家庭教師 on 2018年4月17日 の回答

丁寧に教えて頂きありがとうございました。
とてもわかりやすかったです!

on 2018年4月19日.
コメントする

この質問は解決済みです