ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

運動量保存則

運動量保存則です。


74です。

解説の方で、保存則での速度は地面に対する速度。相対速度は用いられない。とありますが、どういうことか分かりません。

回答よろしくお願いします🙇‍♀️


回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました

運動量保存則というのは、


(衝突や分離の前)

(物体1の速度)×物体1の質量+(物体2の速度)×物体2の質量

(衝突や分離の後)

(物体1の速度)×物体1の質量+(物体2の速度)×物体2の質量


の上下の和が等しいと言っている。


あくまで物体1、物体2の個別の速度の話をしているので、物体1と2の相対速度の話をしてしまったら定義と意味が合わなくなるから、相対速度は使わない。


そういう意味でしょ。


  • すみません💦


    もう少し質問したいのですが、相対速度は使わないということですが、問題文に書いてあるガスの速度は「ロケットから見て」とあるので、相対速度になるのではないかと考えました。


    回答いただけると有難いです🙇‍♀️


    1年前
  • 8ヶ月前の質問なので解決済かもしれませんが、コメントです。

    ロケットがガスを噴出した後の、ロケットの速度をVとすると、ガスの速度は、ロケットから見て相対速度で-uなので、地面から見るとV-uとなります。

    問題74の回答では、地面から見たときのロケットやガスの速度を使って、運動量保存の式を立てています。

    3か月前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る