質問
古典 の問題でわからないところの質問です

詩の最後の一文の意味がわかりません

古典のお悩みに オンライン家庭教師 が解説しました!

マゴメ先生
オンライン家庭教師って?

先生の解説

室生犀星は意外と難しい詩人で(言い訳ではないです)、当時の文学者には珍しく学歴は全くありませんし(小学中退)、素朴な言葉をたくさん使ってるのに(使ってるからこそ)、読み取りが何通りも出てくることが多いです。 ちなみに私はこの詩を知らなかったので、以下はあくまで想像・推測です。 「まめで」は普通なら「まめに」、真面目にというかコツコツというか、「まめに連絡する」という言葉があるように、「細かい気遣いがある」みたいなことです。 でも「まめに」ではなく「まめで」なので、もしかして「豆で?」「貧しい食生活に耐えて?」という読み取りもできなくはないです。 全体は「7・7・7・5・7・5」で、定型崩れです。「負けたいくさ」ですから日本とドイツが負けた第二次大戦。終戦時は室生犀星は56歳です。前線で活躍する年齢ではないですね。「あひたがひ」からは共感や慰めが読み取れそうです。 「あすはお立ちか おなごり惜しや」ですから、旅で知り合ったドイツ人か一緒に滞在していたドイツ人か。軍人じゃないだろうから庶民のイメージですね。 全体に暗いイメージはない、前向きなムードが漂っていることには注意しましょう。「反戦!」などという、大きくふりかぶったムードはありません。 詩から漂うイメージをあえて言うなら、「達観」でしょうか。 戦争で日本もドイツもお互い負けておたがいにこれから苦しいだろうけどしっかりと暮らしていきましょう みたいな読み取りが普通かなと思います。 「これからサバイバルしていこうという庶民の感覚」、「真面目にコツコツ暮らしていこうぜという感覚」、これが「まめで」という題名に象徴されているのかと。 ちなみに室生犀星がどういう人か、随筆を読むのは助けになるかもしれません。 「俳句は老人文学ではない」という萩原朔太郎に反論した文章があります。 短い随筆で青空文庫で読めるのでぜひどうぞ。

解説をしてくれた先生はこの方

マゴメ オンライン家庭教師

合格実績/指導実績

お茶の水女子大学 早稲田大学 慶應義塾大学 明治大学

予備校3年 市進10年 四谷大塚10年 家庭教師10年 ■中学 麻布:お茶の水女子大付属:海城:広尾:東邦大東邦:鹿児島ラサールなど(家庭教師・進学先重複なし) 首都圏私立中学多数(塾講師時代) ■高校 塾講師時代・首都圏の高校全般:開成:慶應女子:早大学院:東葛飾:船橋:渋幕など ■大学 日本医大:慶應医学部:早稲田社会科学:Juniata College:明治など (家庭教師・進学先重複なし) 予備校3年 市進10年 四谷大塚10年 家庭教師10年 ■中学 麻布:お茶の水女子大付属:海城:広尾:東邦大東邦:鹿児...

オンライン家庭教師とは?

マンツーマンでオンライン指導!

マンツーマンで指導!

1対1でのオンライン指導を受けられます。
一斉講義や映像授業よりも丁寧な、対面指導と変わらない指導です。

全国どこからでもOK!

全国どこからでもOK!

オンライン指導だから全国どこからでも受講OK!
お住まいの地域に関係なく探せるから、相性の良い先生が見つかります。

日々のサポートもお任せ!

指導だけじゃない!

決まった日に決まった時間だけの指導ではありません!
勉強計画や質問への回答といったサポートを受けられます。

他の質問・回答も見る